記念硬貨 と 宮沢家の鍵 

世田谷の事件において、犯人が盗んでいったものの中に、現金20万円相当(帳簿と合わない額から)の他に、記念硬貨の類が盗まれていたのだという。この情報元が何だったのか? 私は長い間よくわからなかった。恐らくその情報元となったのは、2005年12月10日 の読売新聞の記事 ではないのだろうか?

私なんかが記念硬貨だと聞いてすぐにイメージするのは、天皇陛下在位60周年記念硬貨 で、当時10万円もするような硬貨が飛ぶように売れたことがあった。このことがきっかけで、記念硬貨は頻繁に製造されるようになる。

なぜ記念硬貨が盗まれていることがわかったのか? 記念硬貨というのは、硬貨以外にプラスチックのケースなど立派な箱に組み込まれている。そのため中の硬貨だけが無くなっていれば、容易に盗まれたのではないかと推測されるからだろう。それもその箱というかケースが、何処かに投げ捨てるように変なところに転がっていれば、そりゃ犯人が持ち出したよね?という推理になるのも必然だったのではないのか。実際もしみきおさんが持っていたものが、このブームのきっかけとなった昭和天皇在位60周年記念硬貨だったとすると、購入したのは事件の15年ぐらい前で、みきおさん自身30前に購入したものだということになる。私はあざとくこれを盗んでいった犯人は、この記念硬貨ブームのことを知っていた年代の人物か、全く日本の硬貨の価値がよくわからない外国人 のいずれかではないかと思うのだ。

一方で2ちゃんねるなどを読むと、犯人は穴の空いた硬貨を盗んでいったという話が書き込まれている。しかし、その情報元が全くわからない。上記の読売新聞の記事の中には、「2階浴槽には、空の財布、50円前後だけ入った小銭入れ、鍵、バッグなどが投げ込まれていた」と書き込まれていた。50円前後ということは、10円玉が5枚入っていた可能性もあらずだが、むしろ穴の空いた50円玉を意図的に価値がないものとして置いていったのではないか?まして犯人は、1121円分の小銭を、廊下に撒き散らして逃走している。そう考えると穴の空いた硬貨(5円・50円玉)は、あえて置いていったものではないかと言う気もするのだが ・・・ 。ここから考えるに犯人は、硬貨を高価ものではないことを認識していたということ。そしてそれでもあえて記念硬貨を盗んでいったということは、記念硬貨は高額なものだとしっかりわかっていたことになる。そうなると、海外で生活していたものである可能性は低い。もし在位60年記念硬貨ブームのことを記憶していた人物だとなると、当時20代中盤以降(発行時小学生高学年)以上の年齢層ではないかと思うのだ。こうなると、事件前目撃されていた有力情報の男の年齢とも重なる気がするのだ(20代中盤~30代前半ぐらい)。ちなみに私が唯一事件との関連性があるかもと睨んでいる T も、発行当時10代後半だったはずだ。そこから考えると、この事件の犯人が未成年者だった可能性は低くなる。

あと本棚のところにあった6万1千円の現金は、全く手付かずだったことはよく知られている。あといかほどの現金があったのかの詳細はわからないが、冷蔵庫のところに貼り付けられていた(恐らく何かに入れてマグネットか何かで止めていた)という現金も手つかずだったという情報もある。例えば1箇所だけならば、何かの手違いで見落とした可能性もあるだろう。しかし冷蔵庫のところに貼り付けてあった現金(犯人は冷蔵庫を物色していたわけで)を無視したということは、手つかずの現金を残していったのは意図的だったというか、それほど現金に執着していなかったのではないかとも思えてくる。というのは、犯人が家族を殺害後最初に向かってあろう場所は台所であった可能性が高く、そこでまず包丁を置いて乾ききった喉を潤したからだ。そのいの一番に目に入ってであろう冷蔵庫に貼ってあった現金をあえて無視したのは、犯人の主たる目的が宮沢家の中にあった少額の現金ではなかったことを物語っているような気がするのだ。そう現金をあえて盗んでいったのは、本当についでだったのではないかと(偽装工作の可能性すらある)。あるいはもし現金だったとしても、もっと口座などに入っている多額の現金を目的としていた可能性だと考えるべきではないのだろうか。

宮沢家の鍵を再度考えてみる

以前の書き込みで、なぜ宮沢家はスペアの鍵まで一緒に各自持ち歩いていたのだろうか?という疑問について書いてみた。しかしよ~く「真犯人を次ぐ」を読み返すと、次のようなことが書かれていた。家の中で発見された鍵は7本・うち2本は隣の入江家の鍵だったと。ここで、もう一度発見された鍵を整理してみたい。

みきおさんの鍵2本が浴槽の中から
泰子さんの鍵2本が、浴槽の中から
にいなちゃんの1階のイスにかけられたランドセルにぶらっ下がっていた鍵1本
当日おばあちゃんが持ち込んだ鍵2本が1階の本棚のところに置かれていた。

このうち2本は、入江家の鍵であるということ。恐らくおばあちゃんが持ち込んだ鍵2本のうち1本は、入江の家の鍵である可能性が高い。おばあちゃんは、入江家と一緒に暮らしていたからだ。だから宮沢家に入るときも、一緒に入江家の鍵もくっつけてきたなら疑問も解決する。

そしてここからは推測だが、日常的に入江家との出入りをしていたのは公文教室を入江家で運営していた泰子さんの方だろう。入江家とみきおさんは、ある意味完全な他人なわけで鍵を持って出入りしていたとは考えずらい。したがって泰子さんが持っていた2本のうち1本も、入江家の鍵であったと推測する。

にいなちゃんの1本は、当然宮沢家のものであったはず。そうなると矛盾するのは、みきおさんがスペアキーも一緒に2本一緒に持ち歩いていたことで、もしこの事件に関わるヒントがあるとすれば、みきおさん所有の2本にあると考えられる。もちろんみきおさんが日頃から、スペアまで一緒に持ち歩く習慣があったのかもしれないが、常識的にはそれは考えづらい。

ということは、犯人がもし鍵を偽造した、あるいは盗んだ などをしていたとしたら、みきおさん絡みだった可能性が高いのではないのか? あるいは何かしらの形で盗み出した、あるいは複製したものを後から疑われないように、みきおさんの鍵と一緒に付けた(近くに置いた)という可能も高いのではないのだろうか?

しかし一方で実は、一昨年放送された「FBI捜査官サファリック」の番組の詳細なCGの中に、みきおさんの遺体そばにあった一階棚の上に、みきおさんの財布らしきものが描かれていたことに気がついた。例えばだが、みきおさんは車や家の鍵などをキーケースにつけ、それとは別に財布にも鍵をつけていたのではないか? それならば、この矛盾も解決することになる。

犯人が鍵を抜き出し、必要がなくなって浴槽の中に2本とも沈めたのか? あるいはこれまでの発表に間違いがあり、実は浴槽の中と一階棚のところと、別々にみきおさんの鍵は発見されていたのかもしれない。こればかりは、どの情報を信じてよいか私にはわからない。ただしそうだった場合、犯人が宮沢家の鍵をこの事件に利用したの可能性は低くなる。もしこう考えると、それほど鍵の発見場所に違和感はなくなって、前回書いた鍵のf疑問はなくなることになる。

最近思うのは、すでに発表されている情報の中にも微妙に間違いが混ざっていたり、大事なことで未発表なものが結構まだあるのではないかということ。それまで出てきた情報を鵜呑みにしてしまうと、事件の見立てが大きく揺らぐことになるのだ。そんな疑問を、抱くことも少くない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

記念硬貨を盗んだとしたら、何故でしょうね?換金したら跡が残っているはず。1万円こえたら身分証が当時でもいるはずと。
店なんかでは使えてもかなり印象に残ってるのに情報が皆無なんで。本当の意味での記念とか。金品はついでついで感がありますね。鍵が何本あるかは確かに大事ですが、私は何故わざわざそこにあるのかが不思議です。それ以外の行為についても面倒くさそうなのが印象的でした。格闘して、惨殺して屋探しして、かなりハードですよね。その中で硬貨が目に入っていたなら冷静な判断をしてピンポイントでの盗み。
精神の高低差が激しいなら捜査線に浮かびやすい筈なんですがね。4人ほぼ連続での殺害しての引き出し開けなど。警察が出してないだけで盗まれたら多少の手掛かりになるんですが。

No title

1万円以上で、身分証が必要なのですか。警察もそのぐらいは調べたでしょうから、もし犯人が持ち出した場合、今も手元に置いているか、海外で換金したという可能性があるのですかね?

この犯人子ども机の引き出しや子ども部屋の洋服ダンスに至るまで、引き出しという引き出しはことごとく開けているですよね。その一方で、引き出し以外は意外に杜撰な調べ方をしているのです。それこそ本棚の上に置いてあった現金を盗まなかったり、行動が両極端なのですよね。引き出しに関しては、むしろ偽装工作なんじゃないかと思える部分もあるぐらい、ヌケているところがあります。

2000年頃には金券ショップなどは身分証はいりましたね。私が収入印紙を換金しようとしたら提示を求められました。まぁ、そこからアシはつかないでしょうね。海外もしかり。盗まれたという事実は欲しいですが。引き出しはどうにも嘘臭いですよね。何か探していたなら、最初に見つけてからの部屋を散らかし偽装。結局見つからずに部屋を散らかし。確かに大事なものを隠すならまさかの子供部屋もアリかなとは思うけど犯人も同じ思考なのか。私は探していたなら見つからなかったと思います。本気で探した感がないからです。4人も殺めての探し物ならそれこそなめるように探すはず。やはり殺害が第一でしょう。ついでに探した、散らかしたと。不確かですが引き出しを下から開けたと言われていますが、引き出しの外側の底、或いは、デスノートでの夜神月の二重底などはどうなんでしょう?勿論警察が公開する訳ないですが、あればその線から辿りつけるかも。口封じ、見せしめ、依頼、など。陰謀説は嫌いですが可能性の1つとして。

No title

この犯人の行動は、何処か抜けている部分があるような気がするのです。肝心なところが抜けているというか、何かメンタルに何かしらの問題を抱えていたのではないかといつも思います。しかしそんな人間に、誰かが指示を出していた、そんな知恵も感じられるですよね。現場に二面性を感じるのは、このせいではないかと。

記念硬貨をお金目当てでもっていったとしたら、外国人であった可能性が高いかもしれません。換金で足がつかない可能性から言えば。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

monazite

Author:monazite
世田谷一家殺害事件 の犯人像について、モナザイト の主観で事件を考察します。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
負け犬の遠吠え
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR