不審者・不信車両 を追え!

先日事件当時のスレを読んでいて発見したのが、濃い藍色で車高の低い88ナンバー(当夜1時間も止っていた) という記事である。

この事件で最も有名な不審車両は、事件当日の夜に、宮澤家を見張るように アイドリング状態で停車していた 黒いセダン の存在。事件前にも被害者である泰子さんが、みきおさんの父に、最近家の近くに不審な車が停まっていると話した(12月25日)とされ、その存在は明らかになっていた。

現場近くの方の情報だと、宮澤家周辺には当日、怪しいと思われる車が3台ほど停まっていたと記されている。1台は軽ワゴン車・そして白と黒のセダンタイプの車だと。そしてこのセダンタイプは、トヨタ車とマツダ車 だったとか。また春日部ナンバーをつけていたことまでは、以前から知っていた。そこに今回、車高の低い 濃い藍色の88ナンバーの車があったという情報が出てきたのだ。これは、今までの情報とは別の車なのか? 夜だったので黒と濃い藍色が同じに見えたのかは定かではないが、私は恐らくこの88ナンバーこそ、事件との関連性が最も疑われる黒いセダンではないかと考えている。

前回も触れたが、88ナンバーとは パトカー、消防車、救急車、広報宣伝車などの「特殊用途車」である。税金が優遇される特別車のため、広報宣伝目的の車両として登録をするのなら、車両構造上も 「広報宣伝のための装置」が設けられており、かつその目的で使用されなければならないとされている。

しかしこの当時は、この審査の基準もゆるく「特殊用途車」で審査を通ったあと、改造する輩が横行し税金逃れしていたケースが多くあった。特に激増していたのが「事務室車」で申請して通った車を机などを取っ払って改造してしまうパターン。これは、セダンタイプでも当時は可能だったと言う。明らかに特殊用途の外装をしていなかった(していた場合は記憶に残りますよね)て88ナンバーを取得していたというのは、違法車だったか警察の覆面パトカーあたりだったのではないのだろうか。何かの事情で公安などが宮澤家の身辺調査でもしていない限り、やはり違法車だった可能性が高い。特に気になるのは、車高の低い88ナンバー という部分でも、かなりタチの悪い人間が現場付近に車を停めていた可能性は否定できない。この車が事件に関与していたなると、それなりに計画的・組織的・あるいは複数犯の可能性が感じられ、いかれた人間が衝動的に入り込んだという事件とは、ちと違うように感じる。ちなみに白い軽ワゴン車の近くで、宮澤家を凄い殺気で観ていた男もいたという目撃情報もあり、これを見ると犯人の宮澤家までの行き来は車だったのではないか(犯人が運転していたかは不明)という気もしなくはない。逃走後の目撃情報が、現場付近を除いて全くないことからも、何かしらの乗り物で逃走したと考えるのが妥当だろう。

東京世田谷一家4人惨殺事件 Part20

106 :名無しさん:2001/01/29(月) 12:18
今週号の週刊ポストによると、もっと多額が盗まれている可能性と
犯人の手の怪我は軽傷だと情報訂正がされたいう。
それと吉祥寺在住ののストーカー説
バラエティ豊かになってきた。

当時の週間ポストの信憑性は怪しいのだが、泰子さんをストーカーしていた男が吉祥寺在住 だったということは知らなかった。

当時泰子さんは、年下のストーカー男に悩まされていたという。都内のマンションに住んでいたこの男は、学習塾関係で泰子さんと知り合い、一方的に恋愛感情抱きラブレターを送り続けたり、執拗に電話をかけていた。脅迫めいた内容にエスカレートしたため、友人に悩みを打ち明けていたという。「そんな電話は19時以降にして」と声を荒げたという証言もあり、それはこういった類の電話だったのかもしれない(恐らく塾の仕事が終わるのが19時だったのではないのだろうか)。

そのため現場でも泰子さんの顔を執拗に傷つけたり、自分との繋がりのものを探したり、塾関係のものを荒らしていた可能性からも疑われたという。警察も内定調査を進めたが手に怪我がなかったこと。また発信者不明の使い捨て電話も調べたが、発信者は別人であることが判明したのだとか。そのような経緯もあり、捜査はそれ以上進まなかったそうな。

さて警察がどこまで、この男の捜査を行ないシロだと判断したかはわからない。しかしこの事件、現場に入ったのはどうも依頼者がいて、それとは別の人間だったのではないかと以前から指摘してきた、その理由として、本人だったら書類の選別などしなくて、それが重要なものなのかどうか見極められるはずだから。わざわざハサミで切ったり、手でちぎる必要がないだろうということ。

何故こんなことを言うかというと、清水潔氏著で知られる「桶川ストーカー殺人事件」の犯人というのは、依頼された実行犯だったのだ。この当時の犯罪を以前書いた時にも、何かしらの依頼殺人 ではないかと思われる事件が多発していた時代。そういったさなかに、この世田谷一家の事件 があったということだけは、頭の片隅にとどめておいて頂きたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

monazite

Author:monazite
世田谷一家殺害事件 の犯人像について、モナザイト の主観で事件を考察します。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
負け犬の遠吠え
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR