大田区の猫虐待男逮捕


大田区で、猫10匹を虐待し殺した罪で男が逮捕されたのだという。昨年から東京都では、猫や鳩など小動物の変死事件が立て続けに起きていた。その事件と、今回の男との関わりはどうなのだろうか?

私が動物虐待の事件に注意を払うのは「世田谷一家」の事件の直前にも、現場付近で猫の虐待事件が相次いでいたから。そして近くで逮捕された人間もいたのだが、どうも犯行内容からまだ別の犯人がいたのではないかと私はみている。

さて昨年、大量に猫や鳩など小動物が大量に殺害される事件が、都内で相次いで頻発した。主にこの事件には、二人による別々の犯行だと私は考えている。一人は、東京北部周辺で起きている、猫だけを殺害する犯人。もう一人は、江戸川区や千葉あたりで、猫だけでなく鳩など他の小動物も含めて虐待する犯人。今回捕まった男が、その片方なのか、また全然別の男などかはわからない。当然逮捕されたからには、他の事件との関わりも厳しく追求され捜査されているに違いない。動物の虐待はやがてエスカレートすると、人を殺してみたいという衝動へと発展してゆく危険性があるから。全く持って偶然だと思うが、今回大田区で捕まった男の髪型は湯河原の防犯カメラに写っていた男と似たような髪型をしていてビックリした。大田区の猫殺しの男の動機は、仕事でむしゃくしゃしたからだという。

さて実は一昨年同じ大田区では別の男が、猫40匹を殺した容疑で逮捕されている。しかし一連の動物虐待は、その男が逮捕されたあとに昨年起きた。そのためこの男が、昨年起きた猫の大量虐殺との繋がりは薄いと考えられる。当然警察は、過去にそういった容疑で逮捕した、捜査線上に上がった人間は徹底的に調べていたはず。この最中に、福生で顔の皮を剥がされた遺体が発見された事件が起きた時は、正直ぎょっとした。一応この事件は、男性が亡くなったあと犬が男性の遺体を損壊してしまったということで片付いたそうだが・・・。

いずれにしても私は以前から、「世田谷一家」の犯人の生活圏は、当時 池袋~大宮付近 ではないかと考えている。そのため昨年猫が大量殺害された時も、実はこの近辺でやたら頻発していたことを、Twitterでも触れている。しかし世田谷の実行犯が未だに生きているかも微妙であり、まして事件当時と同じようなところに住み続けているのかには疑問が残る。しかしもし今も生き続け国内に潜伏していた場合、必ずしや人を殺してみたいという衝動が再び抑えられなくはなるだろうと考えている。だからこそ私は、この地域で発見された猫の大量虐殺の報道には、注意を払ってきた。しかしこの事件も、いつしか犯行はなくなり、事件の報道もなくなってゆく。虐待男が別の場所に引っ越したのか?それとも捜査の手が近くまで迫ったことを察し、おとなしくしているのか? 湯河原放火殺人事件・さいたまの岡部さん親子放火殺害事件なども含めて、動物虐待事件が世田谷事件とリンクしてゆくのか、今後も注視してみたい。果たして今回逮捕された男は、他の事件にも関わっているのだろうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

monazite

Author:monazite
世田谷一家殺害事件 の犯人像について、モナザイト の主観で事件を考察します。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
負け犬の遠吠え
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR