犯人の狙いとは

事件が発覚した12月31日の昼頃、みきおさんの実家の隣の家に(隣の電話番号まで調べていたのか)

「ご近所の宮沢さんは何をしている方ですか? 近所にビルなどはありますか? (その中に)事務所か何か入っていませんでしたか?」


という不信な電話が、30~40歳ぐらいの新聞記者を名乗る男の声であったのだという。未だにマスコミ関係で、このような電話をしたと申し出た関係者はいないという。事件が警察に通報されたのは、31日の11時前。そして最初の第一報が流れたのが、12時前だったという。もしマスコミ関係者がこの事件を調べはじめるにしても、埼玉の宮沢さんの実家はともかく、隣の家まで電話番号を調べあげるのは、相当仕事が早いように思えてならない。仮にマスコミ関係の人間だとして、最初の何をしている方ですか?という質問は合点がゆく。しかし近所にビルなどはありますか(資産家がどうかの確認)? そこまで質問するのだろうか? 更にそこに事務所は入っていなかったのか? ここまで具体的に訊いて来るところをみると、これはちょっとマスコミとは違う人間ではないかという気がするのだ。少なくてもマスコミならば、ビル持ちという情報までがわかれば好いわけで、そこに事務所が入っていようといまいと、どうでも良いのでは? しいて言えば、みきおさんが独立して事務所を構えていたとして、今後の取材のためにということで訊いたのか? しかしこの事件発覚から僅かなうちに、そこまで具体的なことまで調べたとは考え難い。

もしこの証言が確かなもので、犯人からのものだったとしたら。

みきおさんが、何をしている人間かすらわかっていない。 

ようは、犯人とみきおさんとの接点は少なくても仕事絡みではないということ。

近所にビルなどがありますか?

あらかじめ、みきおさんの財産などの情報が不十分なまま事件を起こした。

事務所か何か入っていなかったのか?

みきおさんの普段の行動や、立ち寄り先などの情報をあまり把握していなかった。そして犯人の狙いは、未だ達成できていない、あるいは不十分だった可能性があったということ。少なくても目的のものを見つけられなかった。あるいは消去すべきものが、まだ何処かに残っていることを危惧していた。ということを示しているのではないのだろうか。

(宮沢ビルとの関連は?)

この電話との関連が指摘されるのが、何度もここで触れてきた、青山にある「宮沢ビル」の存在だ。ここは、最初に就職した外資系のコンサルティング会社と、亡くなった時に在籍していたコンサルティング会社に転職するまでの間、短期間務めていたと言われている、エー・ブ◯・プロフェクトなる会社が入っていたビルの名前が、宮沢ビル だという。私は、ここに何度か実際に足を運んでみた。神宮外苑のイチョウ並木の入り口にほど近いこのビルは、非常に古びた小さなビル。そこの三階に、当時この会社は事務所を構えていたという(現在は移転)。一階には飲食店が入っていて、当時から営業していたのかは不明。またこのビルと、宮沢家との関わりは確認できていない。しかし生協勤務のみきおさんのお父さんが、青山の一等地にビルを所有していたかは疑問。事件現場の宮沢家の家もそうだが、このビルを狙うぐらいなら他にもっと金目になりそうな建物は幾らでもありそうというのが率直な感想。今もこのビルの三階は空きになっているようで、ネットで検索すると空き部屋募集の広告が引っかかる。そして実際行ってみても、ビルに会社が入っている気配はない。

少なくても事件後15年経ってもこのビルの様相が変わらないことをみると、みきおさんとは何の関係もないビルだった。あるいは、犯人はこのビルをどうこうしようとした形跡は見当たらない。しかし闇雲に、みきおさんはビルを持っているのか?そこに事務所が入っていないのかという電話はして来ないだろうから、この電話の主は、このビルとみきおさんの勤め先との関係を掴んだ上で、電話をかけてきたということ。この会社にみきおさんが在籍していたことは、今でもネットで探しても簡単に見つかる情報ではない。まして事件発覚からすぐにここまで調べあげることは不可能に近いものがあり、私はあらかじめ、宮沢家の周辺を調べていた人物(すなわち事件を知って調べ始めたマスコミの人間ではない)と考える。またみきおさんが、僅か1年足らずしか在籍していないこの会社との関わりを知っていた、ごく限られた人間だったのではないのだろうか(情報が古かったのか?)。

(犯人の狙い)

そうこの電話こそ、犯人の動機 を如実に表しているのではないのだろうか? そこから考えられるのは、前にも触れたように

1、何か探していたものが見つけられなかった

2,自宅にある証拠は消去できたものの、他への流出を危惧した

3,宮沢家の財産を狙っていた



3については、以前ここでも触れたばかり。むしろ、1か2 の可能性が高かったのではないのだろうか。しかし宮沢さんの仕事(副業関係を探っていたのかも)や事務所の把握が不十分であったことを考えると、財産的なものが目的だったとは考え難い。

何か重要な書類、情報の類 の取得、消去 が、この事件の背景にあると考えのが自然な流れになる。一家4人を殺害するという極刑を覚悟するほどの 情報 とは何なのか? 少なくても犯人側にとって、身の破滅に等しいだけの情報を、宮沢家は持っていたというぐらいしか考えられない。この隣家の証言に、埼玉の興信所の証言のようなことがない限り・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

私の見解は、12月30日分に書かせて頂きました。こういった推理の根本を揺るがすような情報を、何故警察は15年も放置していたのか? いつも捜査関係者には、不信感を頂きます。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

monazite

Author:monazite
世田谷一家殺害事件 の犯人像について、モナザイト の主観で事件を考察します。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
負け犬の遠吠え
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR