FC2ブログ

ネットで幾つか興味深いものが・・・

世田谷一家のことをいろいろ調べていたら、幾つか知らなかったことが書いてあった。要点を絞って、内容を抜粋させていただく。

2001年1月19日発行 週間朝日

事件前に、引っ越し予定地である にいなちゃんが通う小学校近くの土地に、家族やおばあちゃんと何度か訪れていた。近所の人への挨拶の時に 奥(泰子)さん「母と一緒にこちらに来ます。」と話していたという。

やはり引っ越し後宮沢家では、泰子さんのお母さん(事件の第一発見者)と一緒に家族は住むことが決まっていたということ。きっと公文塾をやりながら二人の子どもの面倒は大変だということもあり、おばあちゃんが一緒に住むことになったのだろう。そうだとは思っていたが、みきおさんの親とではなく泰子さんの親と同居する予定だったことが、この記事で確認できた。

2001年1月26日発行 週間朝日

みきおさんは、1985年ぐらいから自己啓発セミナーに通いだし、泰子さんと知り合った(86年に結婚)。それ以来、友達付き合いが変わってしまい疎遠になった (東大時代からの友人談)

友達が、急に特定の宗教・思想・お金に関わるものなどを始めだすと、距離を置き始める友人が出て来るのは想像に難くない。みきおさんは、やはりこの自己啓発セミナーをきっかけに、かなり変わってしまったのかもしれない。

その記事にはこんなことも

宮沢さん夫婦は10年ほど前は週一回ぐらいのペースで通っていたが、事件前数年はセミナーに顔を出さなくなっていた。また泰子さんの姉・杏さんも、かつてはセミナーに参加していたとの情報もあると記事には書かれている。しかしこのセミナーは、

大学のクラブのような感覚で、ゲームや課題を通して自分がどんな人間か知る。洗脳や金儲けのような、あくどいセミナーではなかった(セミナー関係者談)。

そうこの時代のセミナーは、意識の高い系の社会人などが、自分を見つめ直し改善してより仕事に役立てようという類のセミナーが多かった。今のような胡散臭いイメージとは必ずしも一致せず、企業などの人材開発などにも積極的に活用されていたのだ。バックボーンがどうであれ、必ずしも何かカルトな宗教団体とかと繋がるものばかりではなかったのである。もちろんその後、何かこの団体はヤバそうだと感じ、宮沢夫婦が距離を置いたとかいう可能性は否定できないが ・・・。ちなみに、宮沢家が通っていた団体は、サイエン◯ロジー だったと言われている。

(現場に残されていた染料と一致するものがあった?)

また別の情報では、現場に残されていた染料と平塚市にある香料製造工場の原材料と一致していたとの情報もある。その情報の正否は定かではないが、その会社には事件との関連性も深いとされる静岡(磐田市)に工場があったり、韓国や中国・アメリカなど世界中に関連会社があったり、工場があるというのだ。この会社は、ただ染料が一致しただけでなく犯人と大きな関わり合いを持っていた可能性すらあるのかもしれない。

(遺留品を残していった理由)

犯人が現場に残していった遺留品は、捜査を撹乱させるためだとか、あるいは急におばあちゃんが訪ねてきたために慌てて逃走したため残されのかもと以前書いた。もう一つの可能性として考えられるのは、犯人にとってもう必要がないものだったという可能性だ。

というのは、事件の目的を果たしたことで必要なくなったもの(凶器やそれを入れてきたヒップバックなど)。それともう一つ注目したいのが、ジャンパー・マフラー・ニット帽や手袋などの防寒具。手袋に関しては、出血を隠すために当初持ち帰る予定になかったはずが、必要に迫られ負傷後に身につけた。しかし出血がひどく、止血をしないと帰れないと判断し廊下に投げ捨てた。以前も冷静に置かれた他の遺留品に比べると、手袋は廊下の途中に投げ捨てられるように残されており、犯人の精神状態の余裕の無さが感じられると書いたことがある。

それはともかく、何故防寒具を置いていったのか? それは捜査撹乱でも、急に置いていかざるえなかったわけでもなく、犯人にとってもう必要がなくなったからではないかということ。事件後犯人は、12月の東京とは違う明らかに暖かいところにすぐにでも飛び立つ予定があったのではないかと。そう犯人は、暖かい地で身を潜める予定が決まっており、むしろ邪魔になるからと置いていったのではないかとは考えられないだろうか? 犯人が事件後すぐに、関係の深いカルフォルニアあたりに飛んだのかもしれない。あるいは、沖縄や台湾・ハワイ・フィリピンなどに一時的に身を潜めた可能性だってあるのかもしれない。浴槽に投げ込まれたもののように、犯人が現場に残したものは必要がないものをすべて捨てていっただけだったのかもしれないのだ。少なくても遺留品から警察がたどり着いたとしても、自分は捕まらない自信があったのではないのだろうか。

スポンサーサイト



犯人のルーツは朝鮮系中国人?

在日韓国人によって株式会社統一日報社から発行されている 統一日報 に掲載された2007年の記事によると、犯人が残した足跡から判明したスラセンジャーのテニスシューズの出処は、中華人民共和国 吉林省 延辺朝鮮族自治州 ではないかというのだ。

この地域は、中国領内でも最北部にあり、北朝鮮やロシアまでの国境にも程近い。どうもこの地域にも、韓国で製造されたスラセンジャーを入手できたという情報が以前から流れていた。中国領内においても、朝鮮半島と密接に関わる地域。朝鮮民族が多く住むこの地域の公用語は、ハングルと中国語を併用しているという。またこの地域の特徴として、韓国、日本等へ出稼ぎに出ている人が多く1980年以後に生まれた人(80年代後半)の中にはエリートが多く、3か国語が話せる人も多くいるとされている。

もちろんシューズの販売だけならば、他にも韓国国内はじめいろいろとあるだろう。しかしここが注目されているのは、犯人の父方の遺伝子である O3a2c1型 という系統にある。この遺伝子は、日本人には13人に1人、中国人は10人に1人、韓国人の5人に1人 の割合と、かなり日本人にしては少数の特殊なDNAだとわかっている。このO3A型というのは、中国北部に多く観られる型なのだ。

その一方母方は、アドリアン海沿岸に観られるアジア人には見られない欧米血統。その両方が交わりやすいのは、中央アジアあたりの人間(中国領内かは微妙)というイメージを抱いてしまう。中央アジアというと、旧ソ連領だった カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、そして現在の中国に組み込まれている 新疆ウイグル自治区 などそういった地域あたりではないかと以前考察した。

しかし中国に住む人たちは、マレーシアやインドネシアなどにも多く流れおり、そちらで欧米人系の人間と結ばれるケースが結構あるという。アメリカ人などを見ていると、父親がアメリカ人・母親がアジア系 というのは珍しくない。しかしその逆に、父親がアジア系 母親が欧米系 という組み合わせは非常に珍しい。これは日本でも同様で、芸能界など極限られた環境下の人でしか滅多にみられない組み合わせなのだ。しかし様々な人種が当たり前のように混在しているインドネシア・マレーシアなどでは、父親がアジア系・母親が欧米系という組み合わせも、特に珍しいことではないのだという。中国の 延辺朝鮮族自治州 と インドネシアやマレーシアなどの、人種のるつぼの地域 は、この事件の遺伝子的には注意しておきたい場所である。しかし個人的には、できるだけ偏見や先入観をとりはらって事件を考察したいと思っているので、あくまでもこれは一つの可能性として提示しておく。

何故汚れていないものまで置いていったのか?

前回遺留品は、わざと置いていったのではなく、仕方なく持ち帰ることができなかったのではなかったのかと書いた。しかしそれとは矛盾する可能性を、今回は考えてみたい。

というのは、犯人は基本的に返り血を浴びたラグランシャツを脱ぎ捨てていった以外は、特に汚れていないものまで置いていったのだ。確かにそれは、突然おばあちゃんの訪問の可能性がでてきたことで、慌てて逃走したからだとも考えられると前回書いた。しかしそれとは矛盾する状況が、現場には残っている。

というのは、部屋にはみきおさんの上着やズボンなど9着が洋服タンスから取り出されていたのだという。もしおばあちゃんの訪問の可能性を感じたのならば、そんな悠長なことをやっている余裕などなかったはずなのだ。あえて汚れてもいないものまで置いていって、別のものを取り出して逃走したのか? それも自分のサイズとも合わないものを着て、逃走するのに何の意味があったのか?

そこから考えると残されたものは、わざと置いて行かれた可能性が高いことになる。そう捜査を撹乱させる狙いがあったのか? もしくは、捕まえられるものならば捕まえてみろ という、犯人の自己顕示欲を示したものではないかという可能性。しかしもしそうならば、もう少し犯人は、部屋にメッセージ的なものを残したりしていたのではないかと思うのだが・・・。しかし、そういったものが残っていたという話は一切ない。このどっちともとれるような中途半端感が、この事件の解決を遅らせてきた最大の要因ではないのだろうか?

こうやってみると、外国人技能実習制度 で日本に3年ぐらい来ていた労働者、日本の大学に留学していた留学生などが、帰国前に起こした犯罪の可能性も捨てきれない。先の  延辺朝鮮族自治州 あたりでは、日本に来る前から日本語を学んでいる人間も少なくないときく。あくまでも可能性の一つとして、そういったことは視野からは外せない。留学生や引きこもりを疑うむきがこの事件では多いが、私はむしろ犯人は普通に就労していた人間ではなかったかと考えている。

おばあちゃんは、電源を引っ掛けたのではなく抜いたのではないのか?

前回パソコンの電源が抜けていたのは、事件発覚直前に犯人が抜いていったのか? おばあちゃんが電源にでも引っかかって抜けたのではないかと推理した。しかし今回は、別の可能性も考えてみたい。ちなみにおばあちゃんは、あまりの惨状で混乱してしまい細かいことは覚えていないことが多かったのだという。

私が考えるに、みきおさんの遺体を見つけた おばあちゃんは、思わずみきおさんが亡くなっていることに気がつき飛び退いた。その際に後ろにあったパソコンにぶつかってしまい、その衝撃でマウスが落下するなどの衝撃でパソコンが起動。当時のホームページには、やたら開くと音の出るページが多かった。突然起動したパソコンから音楽なりが響きはじめ、おばあちゃんはどうすれば良いかわからず、思わず電源を引き抜いたということはないのだろうか?

その辺のことは、警察からも散々聞かれたのかもしれない。しかしパソコンの起動時間がわかったのは、事件から随分後だったと訊いている。すなわち事件当初の事情聴取では、パソコンの電源が抜けていることはわかっていても、そこまでおばあちゃんに聞かなかったのかもしれない。また少し疑問なのは、10時過ぎに起動したパソコンも4分16秒起動していたことがわかっており、おばあちゃんが驚いてすぐに電源を抜いたわけでもないことがわかってくる。これは、仮に犯人が引っこ抜いていたとしても、同じことが言えるわけだ。その間アクセスされたページは、みきおさんの会社のトップページのみが映っただけだったという。その画面が、常に音楽を奏でるようなウルサイものでないかぎり、犯人もおばあちゃんも別に電源を抜く必要はなかっただろうということ。この4分16秒後、パソコンが強制終了させられていたというから、ホームページの画面が映っているなか電源は引き抜かれたことになる。

ここから考察すると、強制終了された理由は2つ。

1,犯人がみきおさんの会社HPを閲覧していたという証拠を残したくなかった

2,おばあちゃんがウルサイから抜いたか、もしくは電源に引っかかり抜けてしまった


ということではないのだろうか。仮にみきおさんの会社のHPの画面がついていても おばあちゃんに不都合なことはなく、わざわざ電源を抜く理由が他には考えられない。さすがに気が動転していても、電源を引き抜いたとしたら記憶に残るだろうから。

しかし みきおさんの会社のページにアクセスし、その後は強制終了されていたという。ここで考えられる強制終了とは、ボタンの長押しではなく、この時点で電源が引っこ抜いた(ぬけた)ということを意味するのであろう。すなわち 10時10分ぐらいに誰かが電源を引っこ抜い(抜け)たことになる。

仮に犯人が抜いたとしたならば、みきおさんの会社のホームページのトップページから、一切別のところに飛んだ形跡がなかったという矛盾。それではおばあちゃんが抜いてしまった場合、家族の証言とは30分ぐらい発見時刻が違うという矛盾がそれぞれ生じるのだ。

そのため何度も書いてきたが、入江本によれば、おせちの準備を始めたのは11時近かったという。おばあちゃんが、隣の家に白出汁を借りに行って戻ってきたのは5分~10分ぐらい、更に事件の通報が入ったのは、10時55分頃だったことを考えると、事件の発覚は逆算すると10時40分ぐらいだったのではないかと言われている。

その辺のことは、警察も隣の入江家の人間を全員別々の部屋で事情聴取を行い、矛盾がなかったことは納得していたはずなのだ。また当時の記憶をたどるために、当日のテレビ欄をコピーし記憶をたどって何をやっていたのか、どの番組を観終わってからなどかも確認しながら、矛盾がないか杏さんらは説明したという。それでも警察は、おばあちゃんが家族の変わり果てた姿を発見したのは10時10分ぐらいとし、その際にパソコンに触れ起動させ電源を抜いてしまったからだと発表した。それにより犯人は事件発覚直前まではおらず、深夜に逃走したのではないかと結論づけたのである。

果たして真実は何処にあるのか? 犯人が直前までいたのか? 深夜逃走なのかでも、この事件の見立ては全然変わってくる重要な部分。その最初のところからして、この事件は謎に包まれている。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

monazite

Author:monazite
世田谷一家殺害事件 の犯人像について、モナザイト の主観で事件を考察します。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
負け犬の遠吠え
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR