FC2ブログ

何故宮沢さんは、そんなにお金が必要だったのか

この事件で亡くなわれた宮沢さん一家は、何故そこまでお金が必要だったのか? 私にはどうにも引っかかるポイントなのだ。宮沢さんは、大手外資系コンサルティング会社・イン◯-ブランド社で、責任あるプロジェクトのリーダーを任されるほどの優秀な社員。まして幾つかの会社を渡り歩き、更に別の外資系・コンサルティング会社への転職話も進んでいたという。

ここで業種は違うとはいえ、別の外資系コンサルティング会社の年収や暮らしぶりが書かれていたサイトがあったので、参考にして頂きたい。イン◯ーブランド社の社員年収などの詳細はなかなか伺うことはできないが、どう少く見積もっても みきおさんの当時の年俸は軽く1000万を越えていたと考えられ、転職などを更にすれば2000万円台に到達していたのではないかと思われるぐらいのキャリアの持ち主。まして奥さんも公文塾を経営していたわけで、パートでよそで働いている主婦並~それ以上の収入は他にあったと思われるわけだ。普通に考えれば、地道にローンを組めば充分に数千万単位の借金だったら返済は可能であり、更に事件前には父親から2000万ほどのお金を工面してもらう約束もとつりつけていた。また当時は、銀行からローンの融資をとりつけるために奔走していたという話しも残っており、誠に首を傾げたくなる状況。東京都からは、宮沢家を納得させるだけの売却資金で買収を受け入れていたのにも関わらずだ。ようは、当初の売却資金だけでは足りない事情が後から発生したと考えられる。そこにはどうも 宮沢さんには家の支出以外に多額の金銭が必要な事情があったのではないかと想像したくなる。

これまでも みきおさんの仕事は、本業以外の幾つかの副業説が取り沙汰されてきた。それは1984年に立ち上げた映像関係プロダクションの設立から始まり(その後どうなったかはわからないが)、実際に事件時の地図をみても「祖師谷パークスタジオ」の名前が記されていたり、家の前にはその表札もハメこまれたままだった。そこから考えるに、事件前まで収益を上がっていたかは別だが、そういった仕事を続けていた可能性がある。

更に噂レベルではあるが、自己啓発セミナー の類を近所の人に執拗に薦めていたという話もある。しかし当時の自己啓発セミナーとは、企業の新人研修だとか意識の高い系の人たちの間では積極的に活用されていて、そのバックボーンがなんであれ、いまの我々が抱くような胡散臭さいイメージとはかなり違っていたように感じられる。そのため悪気があって薦めていたのとは、明らかに違う趣きだったのではないかと。

他にも外国人労働者の派遣斡旋に絡んでいたとか、お金の運用に関わるビジネスを展開していたとか、亡国にお金を送金する窓口になっていたのではないかという話まで取りざたされていた。最近では結婚式会場で司会などの副業をしていたのではないかという庶民的な副業の話まで出てきて、どれが本当なのかも定かではないが、何故にこの人はそんなにお金が必要だったのか? 元々みきおさんは、趣味に生きる人 だと言われているぐらいの人だった。そんな人が、あえて趣味の時間を潰してまで副業をしなくてはいけない事情が何かあったのはではないか。実際のところは、事件前の夏には広島のアニメフェスタの運営にも携わったりもしていたわけなのだが・・・。

そのためこの事件の陰謀論には、某半島系の宗教団体へのお布施がとか、朝銀の破綻などで某国への送金が難しくなりそれを拒否していただとか、闇金融からお金を借り入れており返済を拒んだためだとか、米国主催のセミナー絡みの事件だったのではないかだとか、誠しやかに囁かれることになる。しかし親類や警察などからは、一家が人から恨まれていたとは考え難いという応えが返ってくる(調べたが痕跡が見つけられなかった可能性)。しかし亡くなったみきおさんと同い歳になった私から言わせてもらうと、どうしてそこまで危険な話が次から次へと浮上して来るのか? 噂まがいな話がほとんどだとは思うが、これだけ次から次へといろいろな話が出てくると、宮沢さんは本当に普通の人だったのか? とにわかに信じがたい。友人に話したという「紙一重の仕事をしている」という話しも、日常的に身の危険を感じていたのかもしれない。

礼君の発達障害の問題も、難病を抱えていた子供とは違いべらぼうな治療費がかかる障害ではないだろう。また両家の親元も金銭に困っていたような家だとは思えないし、宮沢さんとお金 を結びつける接点がどうしても見えて来ないのだ。それほど、派手な生活を送っていたようにも見えないだけに・・・。

ここまで噂になってきた何かしらの組織、あるいはビジネスにおいて、家庭にかかる支出以外に大きな損失、送金などが他に存在していたのではないのかという可能性。これまで私は、陰謀論をあえて事件と切り離して考えてきたのだが、どうもこの事件の背景にはそういったものが絡んでいたかもしれないと思うようになってきた。単純に金銭目当てだったとか、人を殺してみたい欲求を抑えられなくなったとかいう個人的な犯罪なのではなく、もう少し事件の背景には何かがあったのではないかと。一見ずさんに見える犯行も、犯人が逃げおおせるだけのバックボーンが、そこに存在したからではないのか? この事件の闇は、想像以上に根深いものなのかもしれない。 

スポンサーサイト



宮沢家の鍵

世田谷一家殺害事件において、宮沢さん一家の鍵は、全部で7本存在したと言われている。その内訳は、

2本 みきおさんの小銭入れについてあった           
2本 泰子さんのメガネ入れに入っていたキーホルダー付き  

1本 にいなちゃんのランドセルにぶらさがっていた       
2本 お婆ちゃんが玄関を開けるのに用いた入江家用
   

の合計7本、すべてが家の中にあったとされている。またお婆ちゃんが家に最初に入った時に、玄関横の小物入れに普段入っているはずの鍵が外に出ていたなんて話しもあるが、その話の確かな情報元は見つけられなかった(どこかにあったら教えて)。

そのうちの みきおさんと泰子さん所有の鍵は浴槽の中に投げ込まれていて、にいなちゃんのランドセルの鍵は1階の子供机のイスにかけられていた。あとのお婆ちゃんが持ち込んだ鍵2本は、1階本棚の上に置かれていたという。それぞれの鍵の本数はそれほど矛盾していない数だと思われ、そこから複製されたものが家に残されていたと思われるフシはない。

しかし気になるのは、2本ずつの鍵の発見場所だ。普通鍵というのは、無くすと大変なので複数持っていたら、別々の場所に保管しようと考えると思うのだが、みきおさんも泰子さんも入江家の人も、何故に2本ずつ同じところに保管していたのだろうか? 1人ぐらいがそうならばわかるが、3人とも同じ心理が働くというのが私にはどうにも引っかかる。本当は別々の場所にあった鍵を、犯人があとで疑われないように一緒にまとめて本人のものに魅せかけたのではないのか? そんな疑いさえ持ちたくなる。

(飛び出しマンは宮沢家の前の道路から出てきた?)

飛び出しマンの目撃情報の中でも、最初に世に出た男性の証言では、男は宮沢家玄関前に繋がる道から出てきて、公園に入っていったと証言しているのだ。もしこの証言が確かならば、男は一度玄関から出て再度家に入り直した可能性がある。しかし玄関付近からは、血液に反応するルミノール反応や犯人の指紋や足跡など、それらしいものは一切見つかっていないとされている。それゆえ犯人の現場への出入りは、侵入も逃走も浴室の窓だと警察は結論づける大きな根拠の1つになっているという。

しかし万が一犯人が、現場に投げ捨ててあったボア付き手袋を使い玄関から出入りをしたとしたら、ひょっとしたら宮沢家で発見された鍵の一部を使用したのではないかという可能性も無きにもあらずかと。しかしこの最初の目撃証言の男性は、一年後成田空港でこの日目撃した男と同じ男を見たと警察に通報したが、一切取り合ってもらえなかったのだという(何故だ?)。

(泰子さんのカバンをあさっていたのは)

犯人はトイレで用を足すときでさえ、泰子さんのカバンを物色していたのだという。私は金目のものを探していたのだと考えているが、ひょっとすると家の鍵を探していたのかもしれない。強盗などは、よく家人に家の鍵を出せと要求することは多々あることで、他の犯罪でもよくみられる。事件発覚を遅らせるために、玄関を施錠して逃走する。これは、殺人事件などでは非常に多い。

(しかし)

もし事件の発覚を遅らせたり、犯人は顔見知りではないと思わせるために玄関の出入りの痕跡を消そうとしたならば、なぜドアチェーンをハメなかったのかという疑問が残るのだ。その方が事件発覚までの時間は稼げるし、万が一不意に誰かが訪ねてきても、その間に逃走できる時間を稼げるのではないのか? ましてそのほうが浴室の窓から逃走したのだということを、より明確に印象づけられたのではないかということ。

(ここから考えられるのは?)

1,逃走は玄関から逃走し、その後浴槽に鍵を投げ入れた偽装工作

2、スペアの鍵を作ってもっていた

3,最初から一切玄関を使用しなかった



このいずれかになるということ。全く玄関付近から犯人の痕跡が見当たらなかった(玄関の外も)ということは、限りなく3である可能性が高いことになる。ただし、ちょっと気になるのは

asiato 101

上記は一昨年暮れに、TBSの番組で放送された犯人の足跡である。警察は玄関の侵入箇所に関する情報は、犯人しか知り得ない情報として、明らかにしていない。そのためこのTBSの番組内でも、1階の足跡は血の着いた足跡だったのか? 爪先はどちらを向いていたかなどの情報は一切明らかにされなかった。この足跡は、侵入時なのか?それとも殺害後のものなのかは定かではないが、少くてもこの報道を信じるならば、玄関まで犯人が近づいた痕跡はあるということ。もちろん単に、玄関の施錠を確認しただけだったのかもしれない。 ちなみに黒ムツさん2回目の書き込みでも、玄関からは一切出入りしていないと書かれていた。

(一方で)

もう一つの飛び出しマン目撃者の、女性姉妹・母親の乗る車に男が横切った証言では、宮沢家裏の道から男が飛び出してきたという証言がある。この証言が確かならば、犯人が玄関を利用しなかった説明がつくことになる。この目撃情報を元に、飛び出しマンの似顔絵が警察から発表されることになる。

tobidasiman.jpg

(1つ気になることが)

飛び出しマンの情報の中に、1つ気になるものがある。それは、犯人の髪の毛が長めだったという部分。実は、現場に残されたヒップバックの中からは短髪の髪の毛が発見された。その髪の毛のDNAは、現場に残された犯人の血液などのDNA情報と合致しており、犯人は短髪だったのではないかということ。果たして飛び出しマンは、本当に事件と関係があったのか? それともデマなのか? はたまた、事件の共犯者だったのかもしれない。 こうなると飛び出しマンが目撃された23時30ぐらいの目撃時間と、現場のパソコンの操作時間の1時18分~ だったという矛盾も説明できることになる。そうこの男が、複数回家の出入りをしていたわけではなかった可能性だ。

(私は)

事件前の不審者の目撃情報も含めて、この事件に関わっている人数は、最低でも2人以上だと考えている。しかも現場での犯人の2面性も考えると、本当に家に侵入したのは1人だったのか? と改めて疑問が残るのだ。 しかしこればかりは、警察の発表を信じるしかない。

改めて 網戸 を考える

前回現場を訪ねた時に検証したように、網戸が外れたのは、犯人が侵入 した時だったと結論づけた。

その後、ASKAの事件簿さんなどにも興味深い考察がされており、そのことも含めて改めて網戸について考えてみたい。そこで、以前の網戸の記事の際に 侵入時だと結論づけたので、侵入時に関わる疑問を中心に今回は考えてみる。

まずASKAさんが気にされ、私も以前疑問に思っていた点として、網戸を外す時の体勢・バランスに非常に無理があったのではないか?ということ。これに関しては、以前も紹介した 下記の動画 の 45秒~ 観て頂けると捜査員が思いのほか無理のない姿勢で浴室の窓の捜査をしていることがよくわかった。これならば、公園側に何かフェンスに昇る足場さえ確保しておけば、1人でも網戸を持って降りることができたのかもしれない?そういった気にもさせてくれる。あるいは私がいつも書くように、網戸を受け取った人物が下にいたのではないかということ。



この捜査員はどうやって立っているのかというと、片足を公園フェンスの上に乗せ、もう片方の足を給湯器から伸びる鉄の固いパイプの上に足をかけいるのだ。鑑識の人も、そうやって給湯器の上の痕跡を探っていた。犯人も同様に、同じように足場を利用した可能性があったわけで、少くてもこの映像は、公園フェンスの上やその給湯器から伸びるパイプの検証が終わったあとの映像だと考えられるわけだ。しかし警察からは、そこから犯人の痕跡が見つかったのかは一切発表されていない。警察は玄関の出入りも含めて、一応に犯人しか知り得ない情報として侵入経路に関しては口が重い(わかっているのだろう)。

(網戸は落下したとは思えない位置に立てかけてある)

ASKAの事件簿さんの写真に、興味深い写真のものがあった。この写真を観て頂けると、明らかに立てかけてある網戸の位置が自然落下して落ちたとは考え難い位置にある。網戸の位置は、窓下どころか入江家との境目付近に立てかけられているのだ。

setagaya 33

ASKAさんは落下した網戸が枝に当たって、フェンスに立てかけるように落ちた可能性は否定できないとも書いている。そのためには、網戸の内側から強力な力を加え、まず公園フェンスを越えなければならず、深夜にそのような力を加えた時の衝撃、そして網戸の落ちた時の音を、隣家の住人や近くにいたかもしれない人が全く気がつかなかった可能性は低いと書いてきた(ちなみに杏さんはこの日1時ぐらいまで寝付けなかったと記している)。仮にフェンスを越え枝に当たって落下が妨げられたとしても、入江家との間まで横移動してキレイに立てかけられるように落下したとは、にわかに考え難い(上記の写真でいえば、雨水の落ちるパイプのあたりに立てかけてあった)。さらに下記の写真を拡大してみたりASKAさんのところの事件当時の網戸のある写真をみると、この山茶花の木、まだ小さいですよね。以前行った時にこの山茶花の切り株を見つけたのですが、フェンスまで1メートルぐらい離れたところに植わっており、網戸が前方に転がるのを妨げていたのかには疑問が残るのです。上記の写真のようには、当時はまだ覆い茂っていたわけではない細身の木だったわけです。

setagaya 88

やはりそうなると網戸は、侵入した時に外されたものか、第三者が転がっていた網戸をアソコに立てかけた可能性が考えられるわけです。鑑識が終わったあと警察が捜査の邪魔になるからあそこに置いたのではないかとも疑っていたのですが、上記の写真を観て頂けると、鑑識の人は宮沢家の敷地のところにハシゴをかけ、そこからフェンスに上がったことが伺われるわけです。そう考えると極めてこの網戸は捜査員が捜査の邪魔だからといって、この位置に立てかけた可能性は低いのではないかと。ご親切に朝方転がっていた網戸を見つけた誰かが、そこに立てかけたということがない限り、犯人・もしくは共犯の人間がそこに立てかけた可能性が高いということになります。

(では何故網戸を外したのか?)

私がこのブログを立ち上げてすぐの更新で、何故犯人は網戸を横にズラさず外したのか? それはレールの下が歪んでいてスライドできなかったからではないのか? と書きました。しかしこれは詳しい方から、網戸のレールとは窓に接するように下にあり、この部分は網戸とは関係ないのでは?と指摘され、私も確認しましたがなるほどそうでした。ですからこの歪みのせいで、網戸が横に動かせなかった可能性はなかったのかと。ただしこのような歪みを家の施工時からあったら、きっと みきおさんの性格なら指摘したのではないかという話にもなり、このレールの歪みは事件時についたものかもしれません。

setagaya 12

また警察の再現実験では、網戸は簡単に外れるものだった。落下場所も、いつも同じところに落ちたと証言されています。また自分の家の窓に何度も出入りした経験がある方のコメントからも、身体が少し触れるだけでも網戸は落ちやすいものだという話がありました。ですから侵入時に網戸を外すこと自体は、それほど難しいことではなかったのではないのでしょうか?

(気になるのは警察のコメント)

「網戸はいつも同じところに落ちた」 とのコメントがあります。再現実験を何度も行ったとすると、恐らくお風呂場の中から力をかけて落としたのだろうということ。そう考えるとフェンス手前に落ちる決まった場所があった。それも事件発覚当時も、そういった網戸が落ちた痕跡があったのではないか? ということ。それならば網戸は、逃走時に落ちたものだったのか、そして落ちた網戸は宮沢家の敷地側に落ちていたのではないか? という疑問がにわかに出てくるのだが、その詳細は明らかにされていない。ただし事件当時の記事を読むと、網戸はフェンスを越えた公園側に転がっていた とされており、少くてもフェンスを越えるほどの力が働いていたことになる。

しかし前回の検証で、退出時に網戸が落下した可能性はないだろうと結論づけた。、そのため犯人は、侵入時に網戸を外し公園側に置いた、あるいは放り投げたという可能性しか残らなくなる。 いずれにしてもここで1つ言えるのは、公園フェンス側に立てかけるように置いてあった網戸は、人為的に誰かによって立てかけられたものに違いない と私は考える。

パソコンの操作の検証

Tについては、新たにお話できることはありません。あとは、専門の人にお任せする次第です。これ以上話せば的を得ていようと私の発言が邪魔になるでしょうし、外れていればT自身に迷惑がかかることになりますから。ここからは、以前のように個別に事案を検証するというスタイルに戻して更新してゆきます。

さてこの事件で混同されやすいのは、犯人が操作したとされるパソコンが、1階には2台あったことです。1つは、みきおさんが使っていたもの。もう一台は、子どもたちに早くからパソコンに慣れ親しんでもらおうと 親が用意したものです。果たして犯人が操作したのはどちらのパソコンで、どちらのパソコンのコンセントが抜けていたのか、ここをハッキリさせておかないと事件の詳細は見えてきません。

私も この話を読むまで、その詳細はわかりませんでした。この記事は何を元にしたのか定かではないのですが、この著者は事件のことをよく調べて書いているので、何かしらの情報を元に書いているのだろうということ。

これによると、31日の 1時18分~ のパソコン起動 は、子供用のパソコン だったということ。そして31日の 10時5分~ のパソコン起動は、みきおさんのPC だったとのこと。そして電源が抜けていたのも、みきおさんのPCだったのだという。この事実関係は、ぜひ知っておきたかったポイント。

(みきおPCの謎)

10時過ぎに起動したパソコンのコンセントを引き抜いて強制終了させたのは、警察の発表だと動揺したお婆ちゃんなどその後家に入った家族によるものだったという驚くべき見解を示した。詳細なコンセントの位置が明らかにされていないのだが、小さな子供のいる家の動線上に、パソコンのコンセントを這わせるのか?という疑問。まして壁に沿って配置されていた机の上にあったパソコンなら、引っ掛かるような位置にコンセントが本当にあったのか?

ただし、みきおさんの遺体のそばにコンセントがあったとしたならば、みきおさんの遺体をお婆ちゃんが確認した時に思わず引っ掛けてしまったということも無きにしもあらずなので、考えづらいものはあるが一応警察発表のいうことを信用しておこう。

しかしそれにしても10時過ぎだとすると、入江家が遺体を発見したと証言している時間と30分以上は食い違っている。散々その辺の矛盾がないか事件当時、家族1人1人別の部屋で聞き取りを行い繰り返し確認したはずなのだが、今更なぜそのような証言の食い違いが出てくるのか首を傾げたくなる。何かの拍子でマウスが落下してパソコンが起動してしまったというのならばわからなくもないが、そんな簡単に電源が抜けるものなのか? 深夜逃走を正当化するための、こじづけではないのかと勘ぐられても仕方がない。

(アイスカップの置き場所)

アイスクカップが置かれていた場所は、犯人が長い時間いた場所なのではないかと過去にも書いてきた。中でも唯一2個のアイスクリームの容器を残したパソコンの近くこそ、犯人がもっとも長い時間をかけて物色していた場所ではなかったのか。そう犯人が最も興味を示したものとは、パソコンの中身だったのではないかと。ここに収められていた情報にこそ、この事件を起こした最大の動機が隠されていたのではないかということ。

(インターネットをしたのは、子どもたち用のパソコン)

何故犯人は、ランドセルがかけてあった子供机にあるパソコンを操作したのか? もし宮沢家にある情報を探しているのであれば、限りなく みきおさんのパソコン にあるはずだと考えたはず。まして明らかに犯人が操作したと思われる1時18分~の操作時間は、僅か5分程度のものだったという。そこから考えるに、インターネットで何かを探していたというよりも、犯人が時間を潰すためにやっていた。もしくは、お気に入りや閲覧履歴を確認する程度のもので、それほど大きな意味は持っていなかったのではないのだろうかと

ようは犯人は、みきおパソコンの方の情報を、コピー・転送・破壊などのいずれかの作業などをしていて、その間待っている時間にアイスを食べたり、もう一台のパソコンでインターネットをしていたのではないかと私は考えている。ちなみに劇団四季とみきおさんの会社のHPは、お気入りに登録されていたために履歴で確認できたとされているが、あとの閲覧はよくわからなかったともされている。別の記事には、科学技術庁のHPや大学の研究室など、かなり専門職の強いページを閲覧していたという情報もあるが定かではない。しかし空のフォルダを作成したのは、単なる操作ミスなのか? 何か意図するものがあったのだろうか? またインターネット以外の操作記録というものは、専門のソフトでも事前に入れていない限り、何をどう操作していたかは解明できなかったのではないかと。逆に解明できていたとしたら、警察は犯人の明確な狙いを掴んでいたことになり、ここまで犯人像が二転三転することはなかったはず。もし何もわかっていないのならば、みきおパソコンのマウスからは指紋は確認できたものの、何も操作していなかった可能性も残される。その一方で みきおパソコンには、みきおさんの日記、宮沢家の家計簿、知り合いの情報など、マメな みきおさんが事細かく記していたものが入っていたという話しも残されているが定かではない。

私はこの事件の犯人の狙いは一家を殺害することと、宮沢家にあったとされる特殊な情報だったと考える。この特殊な情報を得るためには、一家を殺害しても構わないと思わせるほど犯人にとっては大きなものだったのかもしれない。しかし幼い子どもに手をかけてまでして、何か情報を得ることができたのか? まして犯人がそこまでして得ようとしたものに、どれほどの意味があるのか。もし犯人がTだったとしたならば、それが何だったのかは大方見当はつく。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

monazite

Author:monazite
世田谷一家殺害事件 の犯人像について、モナザイト の主観で事件を考察します。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
負け犬の遠吠え
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR