FC2ブログ

誰が持ち込んだのか?

世田谷一家殺害事件において、私の多いなる疑問だったのが、宮沢家の車庫に残されていた棚についてであった。事件当日は、シャッターが降りていて犯人が入った形跡がなかった。しかし車庫内にあった棚の引き出しから3種類の染料が検出され、それと同じ染料2つが現場に残された遺留品に付着していたのである。そのため犯人は、事件前に宮沢家を訪れていた人物ではないかとも考えられている。

そして以前にもこの車庫の疑問について触れたのだが、現場の車庫の高さに収まらないこの棚は横倒しにされていた。更に駐車場の側面に寄せられていたのではなく、車庫の中央付近に置かれていたのである。1センチでも机がずれていたら気にするような人物だったと言われる被害者にしては、あまりに乱雑な置き方ではないのだろうかと。一体この棚は、いつからあるものなのか? 本当に宮沢家の家具だったのか? 一体何のためにそこに置かれていたのか? という疑問が私の中に残った。

その 答えとなる記事 が出てきたので、ご紹介したい。どうも記事元は、朝日新聞の記事のようだ。記事のリンクを観る限り、2009年12月14日 のものらしい。この時点で警察も遺族も、この不自然な棚が何処から誰によって持ち込まれていたものか掴めていないということがわかってきた。隣に住む入江さんですら、この棚の存在を知らなかったということ。事件当日、宮沢家の赤いシトロエンがこの車庫の中でなく、車庫と入口との間のスペースに停められていたのは、この棚が車庫の中に横たわっていたからではないのだろうか?

車庫1

(1番考えられるのは)

まず事件前に、みきおさんの本業であるコンサルティング会社の仕事以外で、自宅で行っていた可能性のある仕事がある。その詳細の記事を抜粋してみよう。かつての師匠でもある、川本喜八郎氏からの紹介による仕事であった。

川本喜八郎氏から、十数年ぶりの電話があったのは、事件約1カ月前の11月。「年末までに旅客機の模型に色を塗ってほしい」との依頼だった。みきおさんの会社が、大手航空会社に旅客機の機体のデザインを変更する提案をしており、その関係とみられる。その川本氏は、模型制作会社を紹介した。模型制作会社は旅客機の模型2~3機に赤と青の塗装を施し、事件直前の年末、みきおさんの会社に納入した。

その作業のために車庫には模型飛行機が置かれていたりして事件前しばらくは、車を中に停めておくスペースがなかったのではないかと。しかし事件当日の30日には、朝から家族で大掃除をやっていたという隣家の証言があり、その時になぜ棚の位置を端に寄せるなどしたり、あるいはこの棚を年内中に処分しなかったのか?という疑問が残る。普段から車庫の中にはものがあり、日常的に愛車である シトロエン は、車庫の前に停められていたのだろうか? 少なくてもみきおさんは、通勤にはこの車を使っていなかったようなのだ。

setagaya 15

(入江家でもわからない棚とは)

当然捜査関係者も、あの不自然な棚・染料が付着していた引き出しがいつからあるものなのか入江家の全員からそれぞれ訊いたに違いない。しかしそれでも、わからなかったということなのだろう。お祖母ちゃんや杏さん、入江さんの息子さんなどは、日常的に宮沢家との出入りをしていたようである。その彼らが見覚えがない棚だということは、家の中にもともとあったものかどうか疑わしものだったということ。しかしあれだけかさばるものを一人で運び込めるはずもなく、車庫に入れた時は複数の人間によって入れられたことになる。

setagaya 17

(もし第三者が運び入れたとしたら)

もしあの棚が、宮沢家の人間が知らない間に何者かによって運び入れたとしたら、どういう時だろうか。やはり考えられるのは、愛車・シトロエンを使って家族が外出。その際に、シャッターを開けっ放しのまま出かけた時ではないのだろうか。もしそうならば、事件当日の夕方、買い物をしている間に運び入れられた可能性だってあるということ。しかし家の正面に車をつけて、これを何者かが運び入れたとすると極めて近所から目撃される可能性が高いということ。いくら捜査撹乱のためだとはいえ、むしろリスクの方が大きいとしか思えない。

miyazawatei 3

(そこで考えられるのは)

やはりあの棚は、宮沢家の人間の同意の上で運び入れたか、宮沢家の人間によってあそこに置かれたと考えるのが自然ではないのだろうか? しかし何かしらの関わりのある人間とあそこでやりとりをした もしくは仕事(副業)関連の人間が事件に関わっていた。あるいは、そう見せかけるためにあの棚を利用して、わざと染料を引き出しに垂らしたのではないのだろうか。

私の当初からの疑問であった車庫の中の棚は、少なくても入江家の人間が知るものではなかったということ。しかしそれがわかったとしても、余計に不可思議な疑問しか残らないのであるが・・・。

スポンサーサイト



「破戒」 1

世田谷一家殺害事件を調べていると、随分前に面白いものを見つけることができた。藪 冬彦氏と言う人が2011年5月に、この事件を元に書いた小説 「破戒」 というものに出会った。

私はこの事件について、遺族や捜査関係者を除けば、日本でも指折りに詳しい人間だと自負している。その私が読んでも、これが何かを元に書かれたものなのか、ある部分は創作なのか区別がつかいない。しかしそんな私でも、よく調べていると驚かされう箇所が随所にある。今回は、この「破戒」 の最初の1ページから気になる部分を抜粋してみたい。上記でリンクした文章を見ながら、読み進めて欲しい。

「この間、航空機の模型にお父さんが色を塗ったんだよ」得意げに父親がいう。

これは、宮沢みきおさん が、「三国志」などの人形劇で知られる 川本喜八郎 氏から事件の一ヶ月前に連絡を受け依頼された仕事のことを指していると思われる。高校時代みきおさんは、川本喜八郎氏に弟子入りし、数々の作品づくりに携わった経歴の持ち主だった。そんな川本氏から模型飛行機の塗装をお願いできないかと、仕事の依頼が来て10年ぶりに連絡をとりあったのだという。この模型の仕事は、事件が起こる数日前に仕事を終え納品が済んでいた。そのことを、この作者も知っていたものだろう。記事になった話ではあるが、この話を知っている人間はかなり事件に詳しい人じゃないとわからない話である。

「でもねお父さんはね、本当は俳優さんに成りたかったんだよね パパ!」と妻が口を挟む。
「おいおい、母さんだって女優を目指して頑張ってたんだぞ」とみきおは妻に話しを振った。


みきおさんは、東大時代に「劇団蝸牛」という団体で活動。俳優を目指していたという話は初耳だが、そのことを意識しての書き込みだろう。奥さんの泰子さんもハッキリしたものは見つけられなかったが、若い頃に芸能界の仕事に興味を持っていたようだという話もチラホラと聞こえており、その話を元に作者が創作したのだろうか? しかしこの部分のもとになる情報はわからないが、よくぞここまで知っていたなと驚かされる。むしろ2011年ぐらいの時には、まだネット上にそういった情報が探せば見つけられたのかもしれない。

「今日の夜も撮影スタジオにいかなくちゃいけないんだ」と息子に言った。

これは、何を元に書いたのだろうか? みきおさんは実は0時ぐらいに撮影スタジオにゆく予定であり、そのための準備のために殺害時・私服を着ていたのか? 

私は、この事件を調べていてこういった話を耳にしたことがなかった。これは、作者が私服を着て発見されたことからの想像で書いたのか? 何かしらそういった話を何処かから手に入れていたのか? これが何かの情報を元にして書かれたとしたら、みきおさんは就寝しようとしていたのではなく、出かける前だったことになる。

買い物の帰り際、千歳烏山駅近くのファーストフードに寄ってハンバーガーを買い午後6時に帰宅した。

これは何かの作者の勘違いだろう。 事件当日の夕方、成城学園で買い物をしその後千歳烏山駅前で買い物をした記録はレシートに残されていた。しかしそれは、確か写真を受け取りに行ったからだと記憶している。ハンバーガーを買ったという話は、私自身今まで訊いたことがない。ちなみに夕食は、19時頃に 鶏鍋を 家族で食べたことがわかっている。

(最初の部分を読んで)

何処までが作書の創作なのか? 何処までが何かを元に書いた話なのかはわかりかねる。しかし私が知るかぎり、この作者は相当いろいろなものを調べたうえで書いており、その事前準備には頭がさがる。このあとも読み進めてゆき、新たなものが見つかれば取り上げてみたい。

世田谷の類似事件を探せ

「世田谷一家殺害事件」には、特徴的な傾向が観られる。その最大の特徴とは、被害者に対する 頭部(顔)へ執拗な攻撃がみられること。そして、女性・子供への容赦のない犯行だったということ。

日本人犯罪の多くは、殺傷事件でも腹部へのものが多く、執拗に顔を攻撃する事件は極めて稀だということ。世田谷の場合は、死後も執拗に顔への切りつけを行い、犯人の異常性が浮き彫りになっている。そして女性への頭部(顔)への攻撃ということで事件を調べてみると、その多くがすでに犯人が捕まって解決しているものばかり。その中で未解決事件なのが、この「世田谷一家殺害事件」や、類似性も指摘される「岡部さん親子放火殺害事件」や「湯河原放火殺人事件」などが代表的な事件になる。

そこで、過去の未解決事件 の中で、被害者の年齢を当時の泰子さんと同様の40代~それ以下の女性に絞り事件前後から洗い出してみると、ちょっと気になる事件が2つほど見つかった。今回は、その二件の事件について関連性を考えてみたい。

埼玉・美容師殺人事件-平成12年10月

この事件は、世田谷一家の事件の2ヶ月ほど前に発生。場所が世田谷一家との関わりがありそうな、埼玉県ということと、後頭部への執拗な攻撃が観られたということ。しかし上記をリンクしてもらうと、詳細が読めるようなっているので確認して頂きたい。この事件に関しては、どうも頭部といっても顔ではなく後頭部だったり、内容からすると関連性は薄いような。むしろ何かしらの、外国人犯罪なのではないかという匂いさえしてくる。なのでこういう事件があったとだけ、ここでは頭に留めておきたい。

(時効廃止事件)

時効廃止事件を調べていると、被害者が3人以上亡くなっているのは、スーパーナンペイ事件・世田谷一家殺害事件・歌舞伎町ビル火災事件・浜松麻雀店放火殺人事件など数えるほどしかない。その中でも歌舞伎町と浜松の麻雀店の事件は、火をつけられたことでの逃げ遅れの被害であり、少し趣きが違ってくる。そんな中もう一つ、被害者4人が殺害され、未だ未解決の事件が存在する。その事件こそが、非常に世田谷の事件と似ていることを知って驚きを隠せない。

豊明一家放火殺人事件 -2004 / 09 / 09

事件の詳細については、上記にリンクしてあるWIKIを参考にして頂きたい。そこで、世田谷事件と類似する部分をあげてみる。

1,母親・長女は、背中や顔を執拗に刺されている

長男・次男は、バールのような鈍器で殴れ死亡。それに対し母親や長女は、執拗に顔や背中をサバイバルナイフのようなもので刺され亡くなっている。その傷の詳細などはわかっていないが、上記に触れたように日本人の犯罪において、寝ている人間の顔を執拗に斬りつける犯罪は珍しいという。

2,目的が解明されていない

貴金属類や預金通帳などに触れた形跡はないようで、灯油を家中に撒くなど時間的な余裕がありながらも、金銭目的の犯罪の可能性が低い。

3,侵入経路が不明

世田谷の事件同様に、明確な侵入経路がわかっていない。WIKIによると玄関や勝手口(台所および風呂場前の通路に繋がる)の他、1階の窓は全て鍵が閉まっており(高熱で変形し確認できない窓もある)、唯一2階の長男の部屋の窓は網戸だったことから入ることは可能だったが、2階に上るための梯子をかけた跡など犯人の侵入した形跡は見つからなかった。車庫内の所定の場所(物置)に勝手口の鍵が隠されていた(仕事で帰宅時間が遅くなるため、父親が母親にメールで置くよう頼んだもの)が、この鍵は同場所から発見されており、犯人が入出時に使用したか不明である。

犯人は、事件発覚を遅らせるために玄関の鍵を閉めて逃走した可能性が。これは実は、岡部さん親子の事件でも、湯河原の事件でも玄関の鍵を閉めて逃走していることがわかっている。また世田谷の事件でも、おばあちゃんの曖昧な証言ではあるが、玄関の鍵は閉まっていて、一度家まで戻って鍵を持って行って被害者宅に入ったことになっている。

不審者等の情報

世田谷の事件や岡部さんの事件でも、近所の人間から事件前に不審な人物が目撃されている。2003年(平成15年)7月下旬の午後8時半頃に、何者かが被害者宅の玄関のドアを「ガチャガチャ」と無理やり開けようとしている。また、2004年(平成16年)に入ってからは被害者宅方を見る不審者も目撃されており、施錠などに気を配り一家の防犯意識は高まっていたという。

もしこの事件の犯人と一年以上前の7月下旬に玄関のドアを開けようとした人物が同様だとすると、事件があったのは9月9日なわけなので、一年以上前から周到にチャンスを伺っていた可能性が。世田谷の事件でも事件のあった12月頃からたびたび不審者が目撃されており、明らかにこの一家を狙った犯罪だった。しかし玄関のドアをガチャガチャ開けようとしたとなると、かなり大胆な犯人であり、むしろ普通ではないようにすら思える。

また消火作業をしていた地元の消防団員が、現場付近で不審なワゴン車(トヨタ・ハイエースのスーパーGL、緑色、尾張小牧ナンバー)を目撃している。30 - 40代の男が運転していたという。この目撃情報が直接犯人と繋がるかはわからないが、世田谷の事件でも、現場付近にたびたび黒いセダンが目撃されていた。

近所に親類がいる

近所には、事件に巻き込まれなかった旦那の兄が住んでおり、弟に第一報を知らせている。世田谷一家の事件では、壁1つ向こうには姉夫婦が住んでいたりと、これは単なる偶然なのだろうか? それ以外にも現場で服を着替えたり、家の内部構造を事前に知っていた可能性も取りざたされている。何より旦那が残業のため、家にいないことを知っていたフシがあるというのだ。

(複数犯の可能性)

この事件は、30分あまりで起きた犯行だとみられ、計画的かつ複数犯によるものではないかという見方もある。私も世田谷一家の事件は、複数犯の(家に入ったのは恐らく一人)の犯行だと考えており、非常に状況が似ているように感じる。

(依頼殺人か?)

複数の凶器を事前に準備するなど、この事件も目的は家族の殺害にあるように思える。ただし快楽殺人だったかは微妙ではあるが、私が世田谷の事件は依頼殺人ではないかと考えているように、この事件もその可能性は否定できない。私が知るかぎり、他のどの事件よりもこの事件は、「世田谷一家殺害事件」と似ている

(もし同一犯だとしたら)

仮に犯人が同一犯だとした場合、この加藤さん一家と宮沢さん一家に何か共通点はあるのだろうか? 一家を抹殺しなければならないほど、何か重要な情報を持っていのか? 大きな恨みを持たれたような感じはしないのだが・・・。

しかし同一犯だった場合、その行動範囲は私の想像以上に広いわけで、更に警察の目をすり抜け国内に留まり同様の犯罪を犯したことになる。犯人はすでに海外に逃亡、死亡、特定の施設に隔離されているという私の見込みはハズレ、普通に一般生活を送っていたということになる。

そして何かしらの理由で、これだけの大掛かりな犯罪を繰り返す グループ・団体・人間が、存在したということ。一体、何のためにだろうか?

大田区の猫虐待男逮捕


大田区で、猫10匹を虐待し殺した罪で男が逮捕されたのだという。昨年から東京都では、猫や鳩など小動物の変死事件が立て続けに起きていた。その事件と、今回の男との関わりはどうなのだろうか?

私が動物虐待の事件に注意を払うのは「世田谷一家」の事件の直前にも、現場付近で猫の虐待事件が相次いでいたから。そして近くで逮捕された人間もいたのだが、どうも犯行内容からまだ別の犯人がいたのではないかと私はみている。

さて昨年、大量に猫や鳩など小動物が大量に殺害される事件が、都内で相次いで頻発した。主にこの事件には、二人による別々の犯行だと私は考えている。一人は、東京北部周辺で起きている、猫だけを殺害する犯人。もう一人は、江戸川区や千葉あたりで、猫だけでなく鳩など他の小動物も含めて虐待する犯人。今回捕まった男が、その片方なのか、また全然別の男などかはわからない。当然逮捕されたからには、他の事件との関わりも厳しく追求され捜査されているに違いない。動物の虐待はやがてエスカレートすると、人を殺してみたいという衝動へと発展してゆく危険性があるから。全く持って偶然だと思うが、今回大田区で捕まった男の髪型は湯河原の防犯カメラに写っていた男と似たような髪型をしていてビックリした。大田区の猫殺しの男の動機は、仕事でむしゃくしゃしたからだという。

さて実は一昨年同じ大田区では別の男が、猫40匹を殺した容疑で逮捕されている。しかし一連の動物虐待は、その男が逮捕されたあとに昨年起きた。そのためこの男が、昨年起きた猫の大量虐殺との繋がりは薄いと考えられる。当然警察は、過去にそういった容疑で逮捕した、捜査線上に上がった人間は徹底的に調べていたはず。この最中に、福生で顔の皮を剥がされた遺体が発見された事件が起きた時は、正直ぎょっとした。一応この事件は、男性が亡くなったあと犬が男性の遺体を損壊してしまったということで片付いたそうだが・・・。

いずれにしても私は以前から、「世田谷一家」の犯人の生活圏は、当時 池袋~大宮付近 ではないかと考えている。そのため昨年猫が大量殺害された時も、実はこの近辺でやたら頻発していたことを、Twitterでも触れている。しかし世田谷の実行犯が未だに生きているかも微妙であり、まして事件当時と同じようなところに住み続けているのかには疑問が残る。しかしもし今も生き続け国内に潜伏していた場合、必ずしや人を殺してみたいという衝動が再び抑えられなくはなるだろうと考えている。だからこそ私は、この地域で発見された猫の大量虐殺の報道には、注意を払ってきた。しかしこの事件も、いつしか犯行はなくなり、事件の報道もなくなってゆく。虐待男が別の場所に引っ越したのか?それとも捜査の手が近くまで迫ったことを察し、おとなしくしているのか? 湯河原放火殺人事件・さいたまの岡部さん親子放火殺害事件なども含めて、動物虐待事件が世田谷事件とリンクしてゆくのか、今後も注視してみたい。果たして今回逮捕された男は、他の事件にも関わっているのだろうか?

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

monazite

Author:monazite
世田谷一家殺害事件 の犯人像について、モナザイト の主観で事件を考察します。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
負け犬の遠吠え
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR