FC2ブログ

幾つかの疑問

さて事件当時の2ちゃんねるの書き込みなどを読みなおしたりしながら、最近この事件の幾つかの疑問が出てきました。そんな私の疑問を今回は取り上げてみます。

仙川沿いの目撃情報

この事件の目撃情報の中に、仙川の両端沿いの道を歩く不審者情報が複数あげられています。確かに犯人が、事件を起こすまでの間、周辺をウロウロしていたことは充分に予想できますし、この複数の目撃情報からも実際そうだったのかもしれません。

しかしですね、実際にこの付近を歩いた私の感想から致しますと、仙川方面から宮沢家を見ようとすると、隣の入江家(仮名)の陰に隠れて、中々見えないですよ。すなわち犯人は、宮沢家の建物の様子を探るというよりも、犯行時間までの落ち着かない気持ちを紛らわそうとか、12月の寒い時期だけに冷えた身体を動かそうとか、そういったことでしか、この付近をウロついて理由は考え難いわけです。それでいて殺害後アイスを4つ食べたとか、冷蔵庫のお茶を飲んだとかしているわけで、事件後の行動と矛盾するような気がしなくはありません。以前からいうように、この事件は犯人が手を怪我して、抱いていた計画が崩れ逆上したあたりから、ガラリと様相が変わってきた印象があります。それも気持ちだけでなく、薬物摂取などによる何か体調の変化ももたらされたのではないかと。

新潮の記事によると ベンゼドリン という覚せい剤を使用したと記載されており、これは警察発表の薬物反応はなかったことと矛盾する記事になっている。しかしこの薬物には 異常高熱症 という作用があり、これが異常な体温の熱さや喉の渇きを助長する可能性も否定できない。真冬の時期にアイスを4つ食べるというのは、どう見ても異常としか思えない。まして室内で、暖房器具を使用していた形跡もなかったと言われているのだから。記事の方が、あとからそれらしい薬物を見つけてきて、採用した可能性も否定できないが・・・。しかし警察発表よりも、この点の説明はつくことになる。

タクシーに乗った50代ぐらいの3人の男

事件が発生して1日も経たないうちに、犯人らしき怪しい3人連れの男をタクシーに乗せたという証言が飛びかっていたことには驚く。しかし事件当日や事件前に、わざわざタクシーを使って現場に行くですかね? まして事件前に、散々黒いセダンの目撃情報も出ているわけです。この黒いセダンが事件と全く関係ないか、このタクシーの証言自体が事件と全く関係ないのかはわかりませんが、ちょっと私はこの目撃情報と犯人とのつながりは低いと考えます。

しかしタクシーに乗ったのが犯人だったとしたらどういうことなのか? まず犯人自体が、この地域の土地勘に疎かった可能性があります。まして深夜になれば真っ暗であり、どちらに行けば良いのかわからなくなるという可能性もあります。まして歩いたり自転車などで逃走すれば、運転手以外に目撃される危険性もあるわけです。しかしながら宮沢家から公園北側に数十メートル行けばバス通りですし、そこから1キロぐらい行けば環八。そこを北上すれば1時間ぐらいで彼らが降りたとされる八幡山駅にもつくので、けしてわかり難いという土地ではありません。また3000円ぐらいの道のりで、1万5000円も払って釣りもいらないと降車した。バックの中からは、多額の現金が覗いていたとか。本当に証拠残しすぎだろという犯人であり、この話は本当なのか?という疑いは残ります。もし本当ならば、そこからは知的な犯人像は浮かんできません。

ましてこのタクシーからは、徹底的にDNAを探るために車内をくまなく鑑識は調べたはずですし、血の跡も現場と一致するか調べられたはず。しかしその後の話が一切ないことからも、この話と犯人を結びつける証拠は全く見つからなかったとみてよいでしょう。またこの3人組の男が、タクシーに乗った時間帯は、30日の午後8時半ぐらいであり、宮沢家の死亡推定時刻とは合致しないこともわかってきた。しかし会社の乗車記録からは、23時~0時ぐらいだったという報告もあり、このズレは何を意味しているのか? 

事件直後にあった目撃情報

事件当初にあった目撃情報で、今に伝わっていないものがあったので紹介します。現場付近に、靴下だけで歩いていた怪しい男がいたという目撃情報。それもその男は、ニヤニヤしていて非常に薄気味悪かった囁かれています。それも現場近くからは、その犯人と覚しき人物が脱いだ靴も発見されたと書かれているわけです。これは、完全なガセだったのか? その後全く今に至るまで、語られることがなかった目撃情報であり驚いています。この話がいつ断ち切れるのかは、もう少し過去の書き込みを読み進めなければなりません。いかんせん何十もあるスレのまだ2つ目しか読み終えていなく、書き込みも 1月2日 ぐらいまでのものでしか目を通していないわけで。少なくても現場近くに靴が投げ捨てられていたという情報は、その後全く語られていません。その後韓国製の靴の足あとの話が警察から出てきたことを考えると、この話も事件と結びつかなかったものと考えられます

仮に宮沢家に強盗に入るなら

強盗に入るとするならば、現金を大量に引き出したことを確認していたということになります。そうでなければ、普通の人が多額の現金を自宅に持っている可能性は極めて低いからです。それもその現金を、いち早く奪わないといけないほど、犯人は時間に追われていた理由があるはず。もし本当にそのような事実があったのならば、そのお金は再び何処かに振り込まれる可能性があったとか、犯人側に支払い期日が迫っていたとか、家族からお金のありかを聞き出さないといけないと考えたからでしょう。

一橋氏の記事か何かには、12月30日 に、家族の行動を監視していた人物がいたという話になっています。そうでなければ、車で買い物して移動していたであろう宮沢家の家族を追うことは難しい。随分前からそういった機会を狙って分担して行動しない限り、いきなり金を降ろしました、今日その家に忍びこもうという話にはならないはずです。しかしそれでも、多額の現金を家に下ろして持ち帰るのかな?という疑問は残りますが・・・。

どの話も現実的ではないというか、疑問が残る話ばかりなんですよね? 果たして、その真相はどうなのでしょうか?
スポンサーサイト



事件当時の空気感

私が世田谷一家の事件に興味を持つようになるまで、実に15年近い月日がありました。もちろん事件当時、この事件があったことは覚えていますが、それを深く知ろうとは思わなかったわけです。そこで幾ら調べたところで、その当時の空気感・社会がどのような状況だったのかは、微妙にわからないことがありました。そこで最近、事件当時の新聞や掲示板などの書き込みを探すことで、この事件を見つめなおそうと考えたわけです。

にいなちゃんと礼君

事件当時・にいなちゃんと礼君が通っていた小学校と保育園が何処かは、この事件を調べてもわからない情報でした。しかし当時の新聞記事などを まとめたサイト を最近みつけ、それが何処なのかわかりました。そうすると、事件のあった 宮沢家 との位置関係も 地図で確認 することができました。地図をクリックして頂けると、公園南の左側隣接する、上祖師谷南保育園 というのが、礼君の通っていた保育園だったことが新聞記事でわかります。公園から少し下にある 千歳小学校 というのが、にいなちゃんの通っていた小学校だったようです。

私は、犯人はこの親子の姿を何かしらの形で見かけていた人間が犯人(直接家族と接点があったかは微妙)だと考えており、この学校や保育園の位置は結構重要な意味を持っていると考えます。特に母の泰子さんとにいなちゃんとが、この犯罪に大きく関わっているのではないかと考えています。すなわち 礼君とみきおさんは、それほどこの事件において、大きな関わりを持ってはいないのではないかと。

さて私がこの間、初めて祖師谷公園・及び宮沢家を視察に向かった時の話です。成城学園前から歩いて現場に向かっていると、祖師谷公園の手前から、私の前に小学生の女の子・恐らく当時のにいなちゃんと同じぐらいのの子が一人歩いているのが見えてきました。このぐらいの年齢というのは、家に帰るまでにあっちにフラフラこっちにフラフラと、真っ直ぐ家に向かうわけではないですね(用事でもなければ)。随分と前方に歩いていたのですが、途中で追い抜いたわけですが、にいなちゃんも学校帰り、こんな感じで家まで帰っていたのかもしれません。そんな光景を、犯人も何かの機会に目の当たりにしていたのかもしれないという気にもなってきました。とくに定期的に、祖師谷公園に足を運ぶ習慣があった人間ならば、この親子の姿を見ていた可能性が。ただこの事件の目撃情報からは、見なれない怪しい男が という情報が多く、日常的に近所に住んでいた、定期的にこの近辺に現れていた人間かどうかには疑問が残る部分でもあるのですが・・・。

事件発覚当初

この事件の発覚当初、2ちゃんねるなどの反応はどうだったのか、ようやく 事件発覚当初の書き込み を見つけることができました。この事件は、31日の午後10時50分に、泰子さんの母が事件現場を目の当たりにし、警察に連絡が入ります。驚くべきは、それから1時間も立たないうちにニュースで第一報が報じられ、このスレは12時に最初の書き込みがあったということ。すなわち事件発覚から、1時間で最初の書き込みがなされたことになります。

当時宮沢家の真向かいに住んでいたのは、NHKの職員の家だったという話もあり、その辺もいち早く情報が知れた要因なのかもしれません。それ以上に驚いたのが、このスレ主の最初の書き込みは、まるでこの報道がなされるのを待っていたかのように、12時00分 に最初の書き込みを始めたということ。これは、偶然なのでしょうか?

私はこの事件が、20世紀中最後の日に起きた(発覚した)事件であり、意図的にこの時期に起こしたものだと考えており、このキリの良い時間帯の書き込みがどうしても気になります。そしてこのPART1のスレには、僅か事件から1日足らずで、今につながるかなり重要な情報が、スレの中で語られていることに驚かされます。1/1までの時点で、ここまでの情報がわかっていたのかと。当初から非常に世間的な関心が高かったとはいえ、家族の職業や経歴・家族構成含めて知られており、非常に異例の犯罪だとはいえないのでしょうか?

事件当時3人組を乗せたタクシーの話は、もう事件発覚の日には誰もが知りえた情報になっていたということ。しかし幾ら土地勘がない人間だったしても、事件当日や事件前にタクシーで逃走したり、視察には来ないだろうなというのが率直な感想ではあります。まだ最初のスレッドしか読んでいませんが、今後も時間を見つけて次のスレッドなどを読み進めてみたいと思います。事件当時から、今と噂になることは殆ど変わっていないというのも、この事件が何も解決できていないことを、15年経った今でも強く実感させられます。

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

monazite

Author:monazite
世田谷一家殺害事件 の犯人像について、モナザイト の主観で事件を考察します。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
負け犬の遠吠え
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR