FC2ブログ

登戸殺傷事件との共通項

5月28日・川崎の登戸駅からほど近いバス停で、痛ましい殺傷事件が起きた。

もちろん私は、この事件の犯人が世田谷一家の犯人だとは思っていない。しかしこういった連続殺傷事件を起こした犯人と世田谷の事件を起こした犯人の心理に、共通する何かがないか検証してみたい。

(共通点)

1,柳刃包丁を使用

世田谷事件で使用され犯人が持ち込んだとされる柳刃包丁は、刃渡り21センチ の「関の孫六」と呼ばれるものだった。今回の登戸の事件では刃渡り30センチにも及ぶ柳刃包丁を使い、それを両手に持って振り回したという。また犯人のものと思われるリュックには、他にも二本の包丁が入っていたという。

2,全身黒ずくめ

黒のTシャツ、黒のジーンズなど全身黒ずくめの格好だったのだという。世田谷の事件でも遺留品には黒系統ものが多く、黒いハンカチなど、黒という色に強いこだわりを感じさせる。この手の犯罪の犯人は、不思議と全身黒ずくめの格好したがるものが多いのは何故なのだろうか?

3,短髪

引きこもりなどの場合、あまり世間体を気にする必要がないので、短髪である必要がないのでは?と以前書いたことがある。世田谷の犯人も、ヒップバックから犯人のものと思われる短髪が発見されている。したがって短髪だったということは、ある程度の社会性があったのではないかと以前書いた。

しかし今回の事件をみると、そうとも言えないことがわかる。この髪を短くするというのは、事件に向けての犯人の決意の現れみたいなものだったのかもしれない。世田谷の犯人も、散髪をした時に落ちたと思われるようなバリカンなどで切断された毛髪がヒップバックから発見された。これは普段から短髪で社会性があったからではなく、こういった事件を起こす前の決意の現れだったのかもしれないと今回思うようになった。おそらく世田谷の犯人も、事件直前に散髪を行ったのではないかと考えられる。

何故柳刃包丁なのか?

世田谷の事件でも今回の登戸の事件でも、大勢の人を刺すのに適しているとは思えない柳刃包丁が凶器として選ばれたのか?ちょっとこの手の事件のことを調べれば、こういった凶器が人を殺傷することに適していないことはすぐわかったのではないかと思うのだ。

それに気がつかなかった可能性もあるが、むしろ犯人にとってはこの強い殺意を感じさせる 柳刃包丁 で人を傷つけることに何か大きな意味があったのではないかということ。また世田谷の事件でもほとんど使われた形跡のない包丁が事件に使用されたり、今回も事件のために用意されたと思われる包丁が使われていたという話がある。犯人にとっての凶器は、新品であることが何か意味のあることなのかもしれない。彼らに観られる行動として、実際の殺傷能力云々よりも、こういったもので人を傷つけることに意味がある気がするのだ。彼らには実利よりも、思い描いた様式にこだわる傾向がつよい。

幼い子が狙われたのか?

世田谷の事件でも大人の男性が殺害されたように、登戸の事件でも大人の男性が最初に刺殺されている。一概にそれだと、犯人が子供を狙った犯罪だったかどうかの判断は難しい。しかし今回刺された男性は、止めに入って刺されたという話もあり、みきおさんの場合も目的の障壁になるので女性陣よりも先に殺害された、という見方もできるのだ。

どうも事件の詳細を調べてゆくと、亡くなわれた男性以外は女子生徒だったとのこと。それも、このカリタス学園の生徒を明確に狙ったものだと考えられている。世田谷の事件でも、執拗に 泰子さん、にいなちゃん と女性陣を刺しており、本当の目的は女性陣、あるいは最後まで生きていたとされる にいなちゃん だった可能性も否定できない。それも幼児、さらに女の子というところに共通した何かがあったのではないかという気もするのだ。それは秋葉原の事件のように誰でも好いからとか、池田小学校の宅間被告のように弱いものならば男女に関係なくというものと違い、女性・あるいは幼い女の子 をターゲットにしていたのではないかということ。

(快楽殺人の可能性)

快楽殺人の大きな見分け方の1つに、刺されている部分が重要なヒントになる。今回の事件でも、頭・胸・首・脇 など刺し傷が上半身に集中している点が気になる。通常日本人の殺傷事件では、腹などを刺すのが一般的で顔などを切る例は稀だという。しかし猟奇殺人・あるいは快楽殺人犯の特徴として、上半身への攻撃が集中することがあげられる。特に、顔や頭の部分を刺すというよりも壊したいという衝動にかられるのだという。そう考えると今回の犯人も、単なる連続通り魔的な色彩だけでなく、快楽殺人犯に近い心理の持ち主だったのではないのか? それは、私が世田谷の事件における犯人像だとしているものに近いものがある。

(何故カリタス小学校だったのか?)

犯人は、伯父伯母によって育てられたという複雑な家庭環境が背景にあったようだ。そして親族には、カリタス学園に通っていたものがいたという。何かしらの理由でその接点から同校の生徒が狙われたのではないかという話が出ているが、それが事実かどうかはまだよくわからない。

以前世田谷の事件の際に私は、女性に対する執拗な攻撃には何かしらの女性に虐げられてきたコンプレックスみたいなものがあったのではないかと書いたことがある。そのため犯人には、姉だか妹だか女性の姉妹がいるのではないかと。また包丁で女性を刺すという行為は、性的欲求が歪んだ形で現れたものなのではないかとも書いたことがある。今回の被害者が、幼い女の子に集中していたのも似たような背景があったからかもしれない。

(何故4キロ離れたところで事件を起こしたのか?)

自宅から事件現場までは4キロほど離れており、電車に乗って朝の登校時間に合わせて向かったのだという。性的犯罪者の場合、自宅近所では事件を起こさないものの、自宅からの距離は1~3キロ程度という極めて狭い範囲で事件を起こすのだという。そのためドーナツ状に事件を起こす傾向があり(一番内側の近所では起こさず周囲の1キロ~3キロ内で起こす)、何かしらの理由でそれらの中でも土地勘のある場所で事件を起こすことが多くなるのだという。今回の場合は、カリタス学園の生徒という明確な目標があったからそうとも言い切れないのだが、おそらく世田谷の犯人も近所ではないけれど、そう遠くない地域からやってきた土地勘のある場所で事件起こしたということではないのだろうか。私は周囲5キロ圏内ぐらいには、犯人の住居があったと世田谷の事件でもみている。当然警察もそういったことで、近所から重点的に捜査を行い徐々にその範囲を広げていったがみつけられなかった。

gazou nyuu

ちなみに上の画族は、一番小さい◯が、事件現場から1キロ、次の円が3キロ、一番外の円が5キロで設定してみた。この場合犯人の住居が最もあった可能性が高いのは、緑の円という真ん中の円を除く範囲なのだ。もう少し余裕を持って、5キロ圏内の大きな縁も一応可能性として記してみた。

(いずれにしても)

今回の登戸の犯人と深層心理の部分では似通ったものが、世田谷の犯人にもあったのではないかと私は考えている。登戸の事件をヒントに、世田谷の事件の犯人像に結びつく手がかりは少なからず存在するのではないのだろうか。

スポンサーサイト



ゴールデンステイト殺人事件からの教訓

今年4月、全米で40年間未解決事件だった「ゴールデンステイト殺人事件」の容疑者が逮捕されたという。1970年台後半~80年台中盤にかけて、12人が殺害され50人以上が暴行された事件だという。アメリカの事件史の中でも、代表的な未解決事件だったそうな。その事件について、先日とあるテレビ番組で取り上げられていた。下記の動画の 54分45秒ぐらいから始まるので、ぜひ動画をみてから考えて頂きたい。



(動機がわからない)

まず、この事件。当初から犯人の目的がわからないとされていた。そう、現金や金目のものには手をつけない。現場では、被害者の写真立てを破壊したり、縛られた遺体の手の中には、「罰」という文字が書かれたメモがあったりしたという。現場には、被害者への恨みを匂わせる状況が作り出されていたり、小学校時代に体罰を受けたことへの恨みめいた手紙が残されたりと、犯行の動機が二転三転していて犯人像を絞りきれなかったようなのだ。これは、世田谷の事件でも手法こそ違うが、一見犯人の狙いが何なのかわからないような行動が観られるのである。世田谷の犯人が現場を荒らしたのは、犯人像をわざと絞らせない、あるいは別方向に捜査を導くためだったとも考えられる。

(事件からヒント)

世田谷の事件でも、事前に小説・映画・劇・ドラマなどからヒントを得た、影響を受けたものの犯行ではないかと当初から言われてきた。またこの世田谷の犯人も、このゴールデンステイト事件のことも知っており参考にした可能性も考えられる。それだけ、似たような状況が多く見られるからだ。

ゴールデンステイトの犯行の特徴として、まず家の電源を落とすことを行ったという。世田谷の事件の時にも、家の電源を落としたのではないかという見方をする人がいるが、実際のところはよくわからない。ひょっとすると、犯人が浴室の窓から侵入した理由の1つに、家の電気ブレーカーをいち早く落とすためというのもあったのかもしれない。ただし電気ブレーカーは、家によって設置場所がまちまちである。玄関にある家もあれば、台所にある家もある。まして、脱衣所にある場合だってある。そうもしこの事件の犯人がブレーカーを落とすことを優先したとしたら、事前に宮沢家に上がった経験がありブレーカーの位置を把握していた可能性も考えられるのだ。それも1階にみきおさんが当時いたことを考えると、ブレーカーの位置が2階の台所とか中2階の浴室の脱衣所など中2階以上にあることが条件になる。実際に何処にあったのかは不明なのだが、宮沢家の電話線が切られていたという話もあるので、そういった外部との連絡を遮断することを想定してブレーカーを落とした可能性は捨てきれない。しかしこれに関しては、あくまでも想像の域の話でしかない。

それ以上に明確に共通点をあげるとすれば、ゴールデンステイトの犯人も現場の玄関を閉めて裏口から逃走する行動をとって事件発覚を遅らせようとしたようなのだ。このへんは、世田谷事件も玄関を閉めて(最初から閉まっていた可能性も)、浴室の窓から逃走した可能性が高く似たものを感じる。さらに現場には、29センチの大型の靴跡を残した。犯人は大柄の人間を印象づけるためで、実際には平均的な体格で偽装のため大きめの靴跡を残したのだという。世田谷の事件現場でも、28センチという非常に日本人としては大柄な足跡をペタペタと家中に残していった。この靴跡が少し怪しいのは、完全に足裏全体を着いた足跡がほとんどなかったどの話がある。その真意のほどは定かではないのだが、もしそうだったとしたら犯人は実際の足より大きな靴を履いており、しっかりカカトを落として歩けなかったのではなかったかもしれないのだ。もし外ならば、土の凹み具合などで体重などを割り出すこともできたのだが、家の中では何処までそういったことまでわかったのだろうか? という疑問は残る。お風呂場の侵入時に着いたと思われる、つま先のみの足跡も明確というほどではなかった。あるいは、外に逃走時に着いたと思われる足跡も、木の葉などがありハッキリしたものだったわけではないという。また犯人の足跡は、中2階の踊り場や脱衣所付近あたりから突然足跡が始まっているという。その理由は、ぶかぶかの靴では侵入する時に邪魔だったので、侵入するまではあえて脱いで侵入した(あるいは別の靴で侵入した)とは考えられないだろうか? 更に家の外の血痕を探るためのルミノール反応が一切見つからなかったのは、サイズの違う靴では逃走し難いので、逃走時には本来のサイズの靴に履き替えて逃走したからかもしれない。 ただし発見されたスラセンジャーの足跡は、使い古した靴だったことがわかっている。

(犯人が残す爪痕)

快楽殺人犯によく観られる行動として、自分なりに事件の爪痕を残そうとすること。ゴールデンステイトの事件では、現場に2枚の皿を残すという奇妙な行動が観られた。世田谷の事件で言えば、2枚の黒いハンカチは犯人なりにこういった行為を真似た可能性も考えられる。またこの二枚の皿は、カップルや夫婦の場合に男の背中に残せて女性を乱暴している間に動かないようにするために使用したというのだ。この犯人は、被害者を後手に縛って、本人の前で乱暴することで快楽を得るというサディストの一面が垣間見られる。このような行動は、世田谷の事件において にいなちゃんに懇願させるようなポーズをとらせた行為と似た匂いを感じなくもない。

またゴールデンステイトの現場には、小学六年生の頃に教師から酷い体罰を恨む手紙が残されていたという。しかし実際に犯人にそういった体験があったのかは不明であり、世田谷の事件でも塾生徒が泰子さんに恨み抱いていたようにもみえる。それは浴槽の中に、ハサミや手でちぎられた公文塾塾関係の書類が残されていた。そして最初に泰子さんやにいなちゃんが襲われた屋根裏部屋にも、なぜか公文塾の名簿が残されていたというのだ。また事件前なのか事件後なのかわからないが、被害者宅にも脅迫電話をゴールデンステイトの犯人はかけていたという。世田谷の事件でも事件前に、泰子さんに嫌がらせの電話がかかってきていたことが塾関係者の証言からも出ていたのである。そのため世田谷の犯人も、事件前に泰子さんに脅迫めいた電話をかけていた可能性も捨てきれない(電話の履歴は徹底的に調べられたという)。

(犯人の動機は)

ゴールデンステイトの被害者をみると、30歳前後の若い男女・もしくは女性が多いことに気がつく。そう彼の目的は、女性に暴行を加えるということにあったのだ。いろいろ動機を探られたくなかったのは、犯人なりに婦女暴行に後ろめたさがあったのかもしれない。世田谷の事件においては、泰子さんやにいなちゃんという女性陣の刺され方が酷かったことから、犯人の目的が女性陣にあった可能性が考えられる。ゴールデンステイトの場合は、明らかに性的な欲求を満たすためであった。しかし世田谷の場合は、女性や子供など弱いものを殺してみたい。人を壊してみたいという衝動が、性的暴行とは違った形で現れた犯罪だったのではないかということ。犯人は性的暴行と似た快楽を、そういった弱い者をいたぶることで得ていたのではないかと私はみている。少なくても世田谷の事件は、お金は強盗に見せかけるための偽装工作か、少なくても一番の目的ではなかったのではないのだろうか。

(犯人の服装)

ゴールデンステイトの事件では、アーミーパンツに目指し帽 といった格好で必ず事件を起こしていたという。これは、幼い頃妹を乱暴した犯人の格好と同じ姿をしての犯行だったのだという。もし世田谷の犯人も、この事件から影響を受けていたとすれば、アーミーパンツのような格好に、目指し帽の代わりに黒いハンカチをマスクにして使用した可能性もあるのだ。また被害者の遺体に衣服などをかけたのは、本当に家族と顔見知りだからかけたのか? あらかじめこういう事件に関わる本などを読みあさっており、あえて顔見知りと思わせるためにそういった現場を繕った可能性も無きにしもあらずではないかと思うのだ。

(事件の終息)

普通連続殺人犯・快楽殺人犯というのは、本人が捕まったり死亡するまで続くとされている。そのため、このゴールデンステイトの犯人も、何かしらの理由で死亡した、海外逃亡したのではないかと長い間考えられていたという。しかし犯人は、事件後もずっと現場の近くで生活していたのだ。彼が犯行をやめるようになったのは、子供が生まれてからで、その後パタリと事件を起こさなくなったのだという。果たして世田谷事件の犯人は、どうだろうか?

(事件の解決)

アメリカで自分のルーツや音信不通の家族などを探すために流行っているという、DNAマッチングサイトを利用して、この事件は犯人を割り出したという。この画期的な方法で、全米では13もの未解決事件を解決。当然この方法を駆使すれば、犯人と登録している近い血縁の人間を割り出すことができるというのである。

残念ながら、日本においてこういったサービスがどの程度普及しているのかは定かではない。しかし犯人がアメリカ人だったり外国人だった場合、それに近い人物を見つけられる可能性も捨てきれないのだ。もちろん国内登録者の中に、犯人のDNAと一部でも一致する人間がいれば、そこからたどることが可能だという。この捜査手法がそのまま日本に持ち込めるかは、倫理的な観点や捜査手法としての合法性、証拠能力の観点からも可能かは微妙だろう。しかし犯人が何処の誰だか全く検討がつかない現状では、これが直接の証拠とならなくても、この手法をきっかけに容疑者を絞り込めることは間違いない。おそらく警視庁も極秘に、今年4月のゴールデンステイイトの解決から触発されて、同様の試みを行っているのではないのだろうか。犯人は、DNAと指紋という決定的な証拠を残した。このことを後悔する日は、そう遠くはないのかもしれない。

世田谷の類似事件を探せ

「世田谷一家殺害事件」には、特徴的な傾向が観られる。その最大の特徴とは、被害者に対する 頭部(顔)へ執拗な攻撃がみられること。そして、女性・子供への容赦のない犯行だったということ。

日本人犯罪の多くは、殺傷事件でも腹部へのものが多く、執拗に顔を攻撃する事件は極めて稀だということ。世田谷の場合は、死後も執拗に顔への切りつけを行い、犯人の異常性が浮き彫りになっている。そして女性への頭部(顔)への攻撃ということで事件を調べてみると、その多くがすでに犯人が捕まって解決しているものばかり。その中で未解決事件なのが、この「世田谷一家殺害事件」や、類似性も指摘される「岡部さん親子放火殺害事件」や「湯河原放火殺人事件」などが代表的な事件になる。

そこで、過去の未解決事件 の中で、被害者の年齢を当時の泰子さんと同様の40代~それ以下の女性に絞り事件前後から洗い出してみると、ちょっと気になる事件が2つほど見つかった。今回は、その二件の事件について関連性を考えてみたい。

埼玉・美容師殺人事件-平成12年10月

この事件は、世田谷一家の事件の2ヶ月ほど前に発生。場所が世田谷一家との関わりがありそうな、埼玉県ということと、後頭部への執拗な攻撃が観られたということ。しかし上記をリンクしてもらうと、詳細が読めるようなっているので確認して頂きたい。この事件に関しては、どうも頭部といっても顔ではなく後頭部だったり、内容からすると関連性は薄いような。むしろ何かしらの、外国人犯罪なのではないかという匂いさえしてくる。なのでこういう事件があったとだけ、ここでは頭に留めておきたい。

(時効廃止事件)

時効廃止事件を調べていると、被害者が3人以上亡くなっているのは、スーパーナンペイ事件・世田谷一家殺害事件・歌舞伎町ビル火災事件・浜松麻雀店放火殺人事件など数えるほどしかない。その中でも歌舞伎町と浜松の麻雀店の事件は、火をつけられたことでの逃げ遅れの被害であり、少し趣きが違ってくる。そんな中もう一つ、被害者4人が殺害され、未だ未解決の事件が存在する。その事件こそが、非常に世田谷の事件と似ていることを知って驚きを隠せない。

豊明一家放火殺人事件 -2004 / 09 / 09

事件の詳細については、上記にリンクしてあるWIKIを参考にして頂きたい。そこで、世田谷事件と類似する部分をあげてみる。

1,母親・長女は、背中や顔を執拗に刺されている

長男・次男は、バールのような鈍器で殴れ死亡。それに対し母親や長女は、執拗に顔や背中をサバイバルナイフのようなもので刺され亡くなっている。その傷の詳細などはわかっていないが、上記に触れたように日本人の犯罪において、寝ている人間の顔を執拗に斬りつける犯罪は珍しいという。

2,目的が解明されていない

貴金属類や預金通帳などに触れた形跡はないようで、灯油を家中に撒くなど時間的な余裕がありながらも、金銭目的の犯罪の可能性が低い。

3,侵入経路が不明

世田谷の事件同様に、明確な侵入経路がわかっていない。WIKIによると玄関や勝手口(台所および風呂場前の通路に繋がる)の他、1階の窓は全て鍵が閉まっており(高熱で変形し確認できない窓もある)、唯一2階の長男の部屋の窓は網戸だったことから入ることは可能だったが、2階に上るための梯子をかけた跡など犯人の侵入した形跡は見つからなかった。車庫内の所定の場所(物置)に勝手口の鍵が隠されていた(仕事で帰宅時間が遅くなるため、父親が母親にメールで置くよう頼んだもの)が、この鍵は同場所から発見されており、犯人が入出時に使用したか不明である。

犯人は、事件発覚を遅らせるために玄関の鍵を閉めて逃走した可能性が。これは実は、岡部さん親子の事件でも、湯河原の事件でも玄関の鍵を閉めて逃走していることがわかっている。また世田谷の事件でも、おばあちゃんの曖昧な証言ではあるが、玄関の鍵は閉まっていて、一度家まで戻って鍵を持って行って被害者宅に入ったことになっている。

不審者等の情報

世田谷の事件や岡部さんの事件でも、近所の人間から事件前に不審な人物が目撃されている。2003年(平成15年)7月下旬の午後8時半頃に、何者かが被害者宅の玄関のドアを「ガチャガチャ」と無理やり開けようとしている。また、2004年(平成16年)に入ってからは被害者宅方を見る不審者も目撃されており、施錠などに気を配り一家の防犯意識は高まっていたという。

もしこの事件の犯人と一年以上前の7月下旬に玄関のドアを開けようとした人物が同様だとすると、事件があったのは9月9日なわけなので、一年以上前から周到にチャンスを伺っていた可能性が。世田谷の事件でも事件のあった12月頃からたびたび不審者が目撃されており、明らかにこの一家を狙った犯罪だった。しかし玄関のドアをガチャガチャ開けようとしたとなると、かなり大胆な犯人であり、むしろ普通ではないようにすら思える。

また消火作業をしていた地元の消防団員が、現場付近で不審なワゴン車(トヨタ・ハイエースのスーパーGL、緑色、尾張小牧ナンバー)を目撃している。30 - 40代の男が運転していたという。この目撃情報が直接犯人と繋がるかはわからないが、世田谷の事件でも、現場付近にたびたび黒いセダンが目撃されていた。

近所に親類がいる

近所には、事件に巻き込まれなかった旦那の兄が住んでおり、弟に第一報を知らせている。世田谷一家の事件では、壁1つ向こうには姉夫婦が住んでいたりと、これは単なる偶然なのだろうか? それ以外にも現場で服を着替えたり、家の内部構造を事前に知っていた可能性も取りざたされている。何より旦那が残業のため、家にいないことを知っていたフシがあるというのだ。

(複数犯の可能性)

この事件は、30分あまりで起きた犯行だとみられ、計画的かつ複数犯によるものではないかという見方もある。私も世田谷一家の事件は、複数犯の(家に入ったのは恐らく一人)の犯行だと考えており、非常に状況が似ているように感じる。

(依頼殺人か?)

複数の凶器を事前に準備するなど、この事件も目的は家族の殺害にあるように思える。ただし快楽殺人だったかは微妙ではあるが、私が世田谷の事件は依頼殺人ではないかと考えているように、この事件もその可能性は否定できない。私が知るかぎり、他のどの事件よりもこの事件は、「世田谷一家殺害事件」と似ている

(もし同一犯だとしたら)

仮に犯人が同一犯だとした場合、この加藤さん一家と宮沢さん一家に何か共通点はあるのだろうか? 一家を抹殺しなければならないほど、何か重要な情報を持っていのか? 大きな恨みを持たれたような感じはしないのだが・・・。

しかし同一犯だった場合、その行動範囲は私の想像以上に広いわけで、更に警察の目をすり抜け国内に留まり同様の犯罪を犯したことになる。犯人はすでに海外に逃亡、死亡、特定の施設に隔離されているという私の見込みはハズレ、普通に一般生活を送っていたということになる。

そして何かしらの理由で、これだけの大掛かりな犯罪を繰り返す グループ・団体・人間が、存在したということ。一体、何のためにだろうか?

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

monazite

Author:monazite
世田谷一家殺害事件 の犯人像について、モナザイト の主観で事件を考察します。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
負け犬の遠吠え
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR