FC2ブログ

黒ムツさんに迫る

前回は、黒ムツさん2回目の書き込みが本物かどうか考えました。しかし実際のところ事件後に書き込まれたものであり、警察も注視していた中でのもの。それゆえ信憑性は、けして高いとは言えないでしょう。また警察も、その正否がいかなるものなのかはすでに把握済みなのかもしれません。

しかし私は、事件前に書き込まれた、黒ムツさん一回目の書き込みに関しては 事件の犯行予告 だったのではないかと強く信じている次第です。そのことに関しては、隣の13歳(杏さんの息子の年齢と同じ)の目線から、この文章が書き込まれていることからも伺えます。このことは、被害者の姉である入江杏(仮名)の著書の中にも出てきます。

170 名前: 黒ムツさん 投稿日: 2000/12/27(水) 17:03

俺は3歳のガキの頃からを刺し殺し、又はては烏に与え、これを13歳に成った今でも続けている。其れと並行して犬も殺すことを7歳の頃に覚えた。最初に殺すのもあまり躊躇いは無かった事が鮮明に記憶に残っている。俺に突然噛み付きかかって来た体長約60cmの少し大き目の犬だった。一発蹴るとまだ噛み付きかかって来やがるので、俺は犬の腹を引き続き蹴った。何発蹴ったのか覚えていない。死んだ時には其の犬は口から大量の血を流し、腹からは内臓が少し食み出ていた。勿論今でも此れは野良犬を見掛けるとやる。いまでは蹴る力も倍増し、手でバラバラにする事さえ躊躇わないようになった。 悪臭がするが そんなこと気に為ない。猫にも時々同様のことをやる。猫を顔を含め包帯でぐるぐる巻きにした上で、内臓を切り裂いて取り出し、道路に放り出して置く。すると烏が咥えて持って行ってしまうか、自動車に引かれて余計に悲惨な光景に成る。が、其れがまた快感だ。 友達とどちらの結果に転がり込むか賭けをしたことさえある 。最近では人間を切り裂いて内臓を見たいとも考える。あの歌舞伎町で起きたビデオ屋爆破事件の容疑者の少年が供述していたように。今では隣の幸せそうな家族を見るとあの大分一家殺傷事件のようにしてしまいたいとも思う。決行日は12月31日午後11時59分だ。21世紀がやって来る前にちゃっちゃと殺ってしまおうか考えている。

この書き込みは、事件前の12月27日に、匿名掲示板2ちゃんねるのペット大嫌い板(現生き物苦手板) 妄想不可★本物の虐待体験のみを語ろう! に出てくることは、この事件に詳しい方ならばご存知のことだろう。

さてこの書き込みが、事件と関係あるのではないかと話題になった起源を探してみると、東京世田谷一家殺人事件 Part18 にある 272番の書き込みからではないかと考えられる。

272 :偶然見つけた..:2001/01/21(日) 14:21
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=cat&key=975178415&st=170&to=170&nofirst=true

ここから一気にこの書き込みの存在は、世間で知られるようになっていったのではないのだろうか。少なくても最初のペット嫌い番のスレの 1/21 分までの書き込みには、犯人が何食わぬ顔で書き続けていた可能性もあるのではないかと考える。特に、このスレの170番 以前の書き込みには、他にもこの書き込み主によるとものと思われる書き込みがあるのではないかと調べてみた。

そこで私が行ったのは、例の書き込みから 気になるキーワードを抜き出して、同じ言葉を使っていないかと調べてみた。これは誰でも CTRLキー と F を押せば検索窓が出てくるので、皆様もこのスレ上でやって頂きたい。

まず最初に私がやったのは、 俺は という表現。しかしこれを検索すると103個ほどスレ全体に出てきて、膨大過ぎて判別が難しい。その他にも、ガキ・鼠・其れ・悪臭・13歳・内蔵 など特徴的なキーワードで検索してみたが、なかなか 170番の黒ムツさん と同一人物 と確信の持てるものはなかった。

ちなみに ガキ というキーワードでは、88 や 291 の書き込みが少し気になる。では、307  其れでは、651 が。悪臭では、215 に、13歳においてはそれらしいものはなかった。

ただ 内臓 で検索してみると1つのことに気がついた。この170番の黒ムツさんは、やたら 内臓 に対する関心が高いということ。文中には、3度もこのワードが出てくるのだ。そしてこのグロテスクなスレの中でも、内臓 に関係したキーワードが 28 の書き込みだけと極めて少ない。少なくてもこの黒ムツさんは、スレの中でも特殊な感覚の持ち主だったのではないのか?

そしてこの 内臓 への執着というものが、1つ黒ムツさんを探す上で大きな手がかりではないかと思うのだ。仮に事件現場の状況には、内臓がどうだったかという正式なものは存在しない。しかし警察ならば、この酷い事件の本当のところを理解しているはずで、内臓に対する関心こそが、この書き込み主と事件との関わりを決定づけるものになるのではないかと思うのだ。名うての警視庁捜査一課の捜査員でさえ、これほど酷い現場を見たことがないと涙したとされる状況は、実際のところいかなるものだったのだろうか? 

そしてもう一つ、気になるキーワードを見つけた。それは、友達 という言葉である。普通この手の動物虐待の場合、価値観を共有できるものなど容易には見つからないだろう。そんな中で、友達としてそういったことを共感できる仲間がいたことに驚かされる(事実かはわからない)。そこで、友達 というワードで検索するが、この事件との関連がありそうなものは見つからなかった。しかしこのスレの、8 と 11 に 連れ という言葉で、仲間を匂わせる書き込みが出てくる。

8 :黒ムツさん:2000/11/26(日) 08:38
>>7
伝説っていうか、良くある話だな。
俺も連れと一緒にそいつのマンションから落としたよ。
5階だったが死んだな。
みずぐちくんげんきぃ?(ワラ

11 :黒ムツさん:2000/11/26(日) 08:51
8だが、俺は自分で落としたぞ。
連れも一緒だったがな。

の2つの書き込みは、170 の黒ムツさんとの関連性は感じられなくはないのではないかと。しかしこの人物と思われるものが、そのあとの書き込みで 女性の耳たぶを噛み切った とか妄想めいたことを書いているので、そのへんは気になるのだが ・・・。

(DNAからの人相再現)

先日「NHKスペシャル シリーズ 人体Ⅱ遺伝子 第1集 あなたの中の宝物“トレジャーDNA”」で、DNA情報を取り出せれば詳細な顔の再現ができるとの話をやっていた。上記にリンクしたページに、その詳細に関わる動画あるので参照して頂きたい。

おそらく警視庁も、管内における3大未解決事件に位置づけられている世田谷一家殺害事件においては、犯人が残していたDNAから、これと同じような取り組みを極秘に行っているのだろうと推測する。

少なくもこれによって割り出された人相があれば、現時点で一致する該当者が見つからなかったとしても、目撃情報の信憑性や過去の有力な容疑者との比較、今後犯人を探す上でもその可能性の有無など、捜査の上で大いに参考になるものと考えられる。細かい犯人の年齢を導き出せたといったもの以上に、犯人を絞り込める有力なヒントになるのではないのだろうか。少なくても大まかな年齢も割り出されていたり短髪だった可能性を考えると、その当時の年齢・髪型などに近づけて人相を作成できるはずなのだ。

ただしこういった試みを行っていたとしても、捜査への先入観などの観点から末端の現場捜査員までその情報が降りてきて捜査に活かされるかは微妙なところはある。しかし現在はごく限られた捜査員でのみ捜査を継続している上に、18年間未解決だったことを考えれば、現場捜査員までこの情報を包み隠さず提供するべきだろう。以前紹介した DNAマッチングシステム などもそうであるが、そういったものも活用しつつ少しずつ犯人に近づいてゆくしかないと考える。もちろん警視庁は、すでにそういったことを実行しているものと強く期待している。そして捜査が正常に行われているとするならば、犯人の特定はそう遠くない未来に実現するのではないのだろうか。

スポンサーサイト



大田区の猫虐待男逮捕


大田区で、猫10匹を虐待し殺した罪で男が逮捕されたのだという。昨年から東京都では、猫や鳩など小動物の変死事件が立て続けに起きていた。その事件と、今回の男との関わりはどうなのだろうか?

私が動物虐待の事件に注意を払うのは「世田谷一家」の事件の直前にも、現場付近で猫の虐待事件が相次いでいたから。そして近くで逮捕された人間もいたのだが、どうも犯行内容からまだ別の犯人がいたのではないかと私はみている。

さて昨年、大量に猫や鳩など小動物が大量に殺害される事件が、都内で相次いで頻発した。主にこの事件には、二人による別々の犯行だと私は考えている。一人は、東京北部周辺で起きている、猫だけを殺害する犯人。もう一人は、江戸川区や千葉あたりで、猫だけでなく鳩など他の小動物も含めて虐待する犯人。今回捕まった男が、その片方なのか、また全然別の男などかはわからない。当然逮捕されたからには、他の事件との関わりも厳しく追求され捜査されているに違いない。動物の虐待はやがてエスカレートすると、人を殺してみたいという衝動へと発展してゆく危険性があるから。全く持って偶然だと思うが、今回大田区で捕まった男の髪型は湯河原の防犯カメラに写っていた男と似たような髪型をしていてビックリした。大田区の猫殺しの男の動機は、仕事でむしゃくしゃしたからだという。

さて実は一昨年同じ大田区では別の男が、猫40匹を殺した容疑で逮捕されている。しかし一連の動物虐待は、その男が逮捕されたあとに昨年起きた。そのためこの男が、昨年起きた猫の大量虐殺との繋がりは薄いと考えられる。当然警察は、過去にそういった容疑で逮捕した、捜査線上に上がった人間は徹底的に調べていたはず。この最中に、福生で顔の皮を剥がされた遺体が発見された事件が起きた時は、正直ぎょっとした。一応この事件は、男性が亡くなったあと犬が男性の遺体を損壊してしまったということで片付いたそうだが・・・。

いずれにしても私は以前から、「世田谷一家」の犯人の生活圏は、当時 池袋~大宮付近 ではないかと考えている。そのため昨年猫が大量殺害された時も、実はこの近辺でやたら頻発していたことを、Twitterでも触れている。しかし世田谷の実行犯が未だに生きているかも微妙であり、まして事件当時と同じようなところに住み続けているのかには疑問が残る。しかしもし今も生き続け国内に潜伏していた場合、必ずしや人を殺してみたいという衝動が再び抑えられなくはなるだろうと考えている。だからこそ私は、この地域で発見された猫の大量虐殺の報道には、注意を払ってきた。しかしこの事件も、いつしか犯行はなくなり、事件の報道もなくなってゆく。虐待男が別の場所に引っ越したのか?それとも捜査の手が近くまで迫ったことを察し、おとなしくしているのか? 湯河原放火殺人事件・さいたまの岡部さん親子放火殺害事件なども含めて、動物虐待事件が世田谷事件とリンクしてゆくのか、今後も注視してみたい。果たして今回逮捕された男は、他の事件にも関わっているのだろうか?

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

monazite

Author:monazite
世田谷一家殺害事件 の犯人像について、モナザイト の主観で事件を考察します。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
負け犬の遠吠え
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR